1.

図書

図書
佐藤達夫編集
出版情報: 東京 : 南江堂, 1997.9
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
石田修著
出版情報: 東京 : 南山堂, 1972.1
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
松原純一著
出版情報: 内灘町(石川県) : 金沢医科大学出版局, 2007.3
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
澁谷正史編
出版情報: 東京 : 南山堂, 2006.10
シリーズ名: The frontiers in medical sciences
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
三島好雄編集企画
出版情報: 東京 : 金原出版, 1986.6
シリーズ名: 外科MOOK / 草間悟[ほか]編 ; no.46
所蔵情報: loading…
6.

論文

論文
川尻, 秀一 ; Kawashiri, Shuichi
出版情報: 平成25(2013)年度 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究 研究成果報告書 = 2013 Fiscal Year Final Research Report.  2011-2013  pp.5p.-,  2014-05-29.  金沢大学医薬保健研究域医学系
URL: http://hdl.handle.net/2297/00050673
概要: 口腔扁平上皮癌の臨床での浸潤および転移を忠実に再現できるマウス正所性移植モデルを用いて、腫瘍間質の線維芽細胞と腫瘍血管の役割を解明するため、抗癌剤と血管新生阻害剤を投与し検討した。癌細胞は高浸潤高転移性のヒト口腔扁平上皮癌細胞株であるOSC -19細胞を使用し、ヌードマウスの口腔底もしくは舌に移植した。線維芽細胞増殖抑制剤はトラニラストを血管新生阻害薬はベバシズマブを用いて、癌の増殖と浸潤、転移の阻止効果を調べた。その結果、腫瘍の大きさ、浸潤様式のダウングレード、リンパ節転移にそれぞれ効果を認め、臨床的にも有意義であると考えられた。<br />Using an orthotopic implantation mice model in which the invasion and metastasis of oral cancer can be reproduced, we investigated the inhibitory effects of anti-fibroblastic agent and angiogenesis inhibitor on invasion and metastasis. A highly invasive and metastatic human oral squamous cell carcinoma cell line, OSC-19, was implanted into the tongue or oral floor of nude mice, and tranilast or bevacizumab were administered to the mice after the implantation. The effects of each drug on cancer invasion and metastasis were investigated. Tumor size and the ratio of proliferating cell nuclear antigen positive cells were significantly reduced. The rate of metastasis in the cervical lymph node was significantly decreased. The tumor stage progression in the metastatic lymph nodes was also inhibited. The use of anticancer agent and angiogenesis inhibitor considering these effects may be clinically very useful.<br />研究課題/領域番号:23659941, 研究期間(年度):2011-2013 続きを見る