1.

論文

論文
松本, 邦夫
出版情報: 平成22(2010)年度 科学研究費補助金 基盤研究(B) 研究成果報告書 = 2010 Fiscal Year Final Research Report.  2008-2010  pp.6p.-,  2011-05-23.  金沢大学がん研究所
URL: http://hdl.handle.net/2297/47101
概要: HGF-Met受容体系は肝臓を含む組織の再生を支えている。Met受容体-Ser985リン酸化は、Met受容体の細胞表面から細胞内への動態制御を調節することによって、HGF依存的Met活性化をOFFに制御することを明らかにした。組織の傷害・無 傷性がMet-Ser985をリン酸化・脱リン酸化することによって、Met受容体活性化抑制を介した、過剰な再生の抑制や恒常性維持に関与すると考えられる。<br />HGF-Met pathway participates in tissue regeneration. We found that phosphorylation of Ser985 in the Met receptor regulated dynamics and translocalization of Met, thereby regulating HGF-dependent Met activation. Ser985 phosphorylation was regulated upon liver injury, in a reciprocal manner to Met activation. Phosphorylation and dephosphorylation of Met-Ser985 regulated by tissue injury and intactness may play a role to suppress over-regeneration.<br />研究課題/領域番号:20390077, 研究期間(年度):2008–2010 続きを見る
2.

論文

論文
日比野, 由利 ; Hibino, Yuri
出版情報: 平成21(2009)年度 科学研究費補助金 若手研究(B) 研究成果報告書 = 2009 Fiscal Year Final Research Report.  2007-2009  pp.6p.-,  2010-04-05.  金沢大学医薬保健研究域医学系
URL: http://hdl.handle.net/2297/00050973
概要: 卵子や胚、中絶胎児など女性身体に由来する組織が、ますます研究や治療に利用されようとしている。女性身体の各種利用においては国家や産業、研究者や医療者の利益が優先され、女性の痛みやリスクは軽視されがちであることが懸念される。医科学技術によって加 速する女性身体の資源化と女性保護について、卵子の利用に焦点を当てて考察した。日本政府の審議会資料の分析とドナー女性の追跡調査論文の検討を行った。<br />Women's body parts such as egg, embryo, aborted fetus are more and more consumed for research and therapy. There is concern that in utilization of women's body parts, interests of nation, industry, researchers and healthcare professionals are given priority over women's pain and risk. Researcher focused on egg donation for research and therapy and explored exploitation of women's body parts proceeded by medical technology and therefore women's protection from it. This study conducted analyzing proceeding of government ethical committee in Japan and follow up studies of egg donors in USA.<br />研究課題/領域番号:19710219, 研究期間(年度):2007-2009 続きを見る
3.

論文

論文
酒井, 克也 ; Sakai, Katsuya
出版情報: 平成24(2012)年度 科学研究費補助金 若手研究(B) 研究成果報告書 = 2012 Fiscal Year Final Research Report.  2011-2012  pp.4p.-,  2013-05-31.  金沢大学がん進展制御研究所
URL: http://hdl.handle.net/2297/00050146
概要: 金沢大学がん進展制御研究所<br />本研究では、3-D培養における上皮組織化や浸潤性獲得の分子基盤を明らかにすることを主たる目的とした。研究全体を通して以下の成果を得た。1) 乳腺上皮細胞のin vitro組織化において4倍体 細胞の形成とその後の動態・増殖能を解析し、細胞増殖は核の倍数性に影響されないという結果を得た。2) 腫瘍細胞の3-D浸潤には細胞膜のMT1-MMPによって活性化されるMMP-2が必要であること、3-D培養で選択的におこるMMP-2の活性化にはMT1-MMPの細胞膜局在の増加によって引き起こされることを明らかにした。MMP-2の発現制御はエピジェネテイックに制御されており、その分子機構と標的遺伝子群を明らかにした。3) Metの発現の有無によって、乳腺上皮細胞や悪性黒色腫の分化転換を検出できる示唆を得た。分化転換の動態やその分子機構を明らかにする基盤を得た。<br />We aimed to elucidate molecular mechanisms of epithelial cell invasiveness and differentiation underlying epithelial cell morphogenesis. Our results are as follows.1) Mammary epithelial cell replication is not influenced by polyploidy.2) Activation of MMP-2 by MT1-MMP is required for 3-D invasiveness. Cell surface localization of MT1-MMP was depend on 3-D. MMP-2 expression was strongly correlated to invasiveness and regulated by epigenetics. We identified epigenetic factors and these target genes possibly involved in cancer malignancy.3) Cell surface Met was heterogeneously expressed in mammary epithelial cells and malignant melanomas. This might reflect invasive and malignant cell phenotypes.<br />研究課題/領域番号:23790221, 研究期間(年度):2011-2012 続きを見る
4.

論文

論文
佐々木, 素子 ; Sasaki, Motoko
出版情報: 平成23(2011)年度 科学研究費補助金 基盤研究(C) 研究成果報告書 = 2011 Fiscal Year Final Research Report.  2009-2011  pp.5p.-,  2012-04-05.  金沢大学医学系
URL: http://hdl.handle.net/2297/47567
概要: 本研究では,原発性胆汁性肝硬変(PBC)などの肝臓病の病態形成に細胞老化が積極的に関与することを明らかとなった。特にPBCの胆管病変における老化胆管細胞はCCL2, CX3CL1発現の亢進を示し,炎症細胞浸潤と相関していた。また、培養老化胆 管細胞は,ケモカイン発現亢進を介して単球や肝星細胞の遊走を促進した。老化胆管細胞が周囲微小環境調節を行い、炎症の持続、悪化に関与すると考えられた.<br />This study revealed that cellular senescence is involved in the pathogenesis of liver diseases such as primary biliary cirrhosis(PBC). Senescent biliary epithelial cells in inflamed and damaged small bile ducts in PBC show increased expression of chemokines such as CCR2 and CX3CL1. Cultured senescent biliary epithelial cells showed increased expression of various chemokines and induced migration of monocytes and hepatic stellate cells in co-culture. These findings suggests that senescent biliary epithelial cells may play a role in augmentation of inflammation around bile ducts by regulating microenvironment in PBC.<br />研究課題/領域番号:21590366, 研究期間(年度):2009–2011 続きを見る
5.

論文

論文
佐々木, 素子 ; Sasaki, Motoko
出版情報: 平成20(2008)年度 科学研究費補助金 基盤研究(C) 研究成果報告書 = 2008 Fiscal Year Final Research Report.  2006-2008  pp.5p.-,  2009-05-08.  金沢大学医学系
URL: http://hdl.handle.net/2297/47568
概要: 本研究では, 原発性胆汁性肝硬変(PBC)における胆管消失に胆管細胞老化が関与することが明らかとなった. 人体材料を用いた検討では, PBCの傷害肝内小型胆管では高率に細胞老化マ-カ- : SA-ss-gal, p16^(INK4a), p 21^(WAF1/Cip)の発現, テロメア長短縮を認めた. さらに酸化ストレス, 炎症性サイトカインにより培養胆管細胞に細胞老化が誘導され, その分子機構にはp16^<INK4a> 発現抑制因子bmi1発現低下、ATM /p53/p21経路経路が関与することが明らかとなった.<br />研究課題/領域番号:18590325, 研究期間(年度):2006–2008 続きを見る