1.

図書

図書
野村一樹, 藤澤哲郎, 岩橋均編集
出版情報: 名古屋 : 三恵社, 2015.11
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
ウラジミロフ,カレフ著 ; 益子正教訳
出版情報: 東京 : 東京図書, 1970
シリーズ名: 科学普及新書
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
P.ロバーソン ; 永田恒夫訳 . D.エヴァンス ; 永田恒夫訳
出版情報: 東京 : みすず書房, 1976.3
シリーズ名: みすず科学ライブラリー ; 50 . 科学のものさし||カガク ノ モノサシ ; 3
所蔵情報: loading…
4.

論文

論文
田中, 康規 ; 作田, 忠裕
出版情報: 電気学会論文誌. A, 基礎・材料・共通部門誌 = IEEJ Transactions on Fundamentals and Materials.  119  pp.1229-1235,  1999-01-01.  電気学会 = The Institute of Electrical Engineers of Japan
URL: http://hdl.handle.net/2297/36210
概要: A time-dependent one-dimensional model was newly developed for simulating behaviour of a pulsed discharge for electric currents of around 100 A in atmospheric pressure N2 gas. In the model, simultaneous equations including mass, momentum and energy conservation equations were solved considering the Ohm's and Ampere's laws and equation of state. Eighteen elementary reactions in a N2 plasma were taken into accout in the calculation of non-chemical equilibrium composition. Time variations in radial distributions of radial flow velocity, temperature and pressure in the discharge were derived. Furthermore, spectroscopic measurements of N spectral line and continuous spectrum were made to experimentally obtain transient temperature variation in an impulse arc. The temperature calculated by the developed model was found to be in good agreement with that obtained by the measurement. 続きを見る
5.

論文

論文
隅田, 育郎 ; Sumita, Ikuro
出版情報: 平成23(2011)年度 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究 研究成果報告書 = 2011 Fiscal Year Final Research Report.  2009-2011  pp.4p.-,  2012-05-14.  金沢大学理工研究域地球社会基盤学系
URL: http://hdl.handle.net/2297/00051902
概要: 湿った砂の直方体の柱に水が浸透することにより発生する地滑りの全過程を調べるために室内実験を行った。実験の結果、地滑りは地下水が砂柱を通過した後に起きること、地下水の上昇に伴い、地滑りの回数が0から3まで増加した後、土石流に転じること、地滑り が起きるまでの時間は地下水位で決まる浸透時間でスケールされることが分かった。また地滑りが起きる前に砂柱の底面の圧力が減少するのに対して、側面における圧力が増大することが分かった。これは圧力測定により地滑りが起きる前段階をモニターできることを示唆している。<br />We have conducted laboratory experiments in which the ground water percolating into the wet sand triggers the landslides. We find that(1) landslides are triggered after the water percolates through the sand column,(2) as the groundwater level rises, the number of slides increases from 0 to 3, after which the whole sand column is pushed in the form of debris flow,(3) the time until the slide occurs agree well with the pressure diffusion time scale determined by the groundwater level. In addition we find that as the water percolates, the pressure at the bottom of the sand column decreases whereas that at the sides increases, prior to the landslide. This suggests that pressure measurements may be used to monitor the precursory stage of the landslides.<br />研究課題/領域番号:21654068, 研究期間(年度):2009-2011 続きを見る
6.

論文

論文
大橋, 政司 ; Ohashi, Masashi
出版情報: 平成20(2008)年度 科学研究費補助金 若手研究(B) 研究成果報告書 = 2008 Fiscal Year Final Research Report.  2007-2008  pp.5p.-,  2009-04-01.  金沢大学理工研究域地球社会基盤学系
URL: http://hdl.handle.net/2297/00052235
概要: 本研究ではCe単体金属を研究対象とした。加圧にともなう磁気秩序の消失、圧力誘起構造転移、圧力誘起超伝導の起源といった問題を明らかにするために、精密な高圧下精密物性測定システムの開発および様々な臨界現象の観測を行った。装置の組み立て及び種々の 予備測定の後、10GPaまでの圧力領域にて超伝導転移温度Tcおよび臨界磁場HC_2の測定をおこなった。コヒーレンス長の圧力依存性などについて、通常金属との比較や4f電子が超伝導に及ぼす寄与などの分析をおこなった。<br />研究課題/領域番号:19740211, 研究期間(年度):2007-2008<br />出典:「セリウムの圧力誘起相転移と量子臨界現象」研究成果報告書 課題番号19740211(KAKEN:科学研究費助成事業データベース(国立情報学研究所))(https://kaken.nii.ac.jp/report/KAKENHI-PROJECT-19740211/19740211seika/)を加工して作成 続きを見る
7.

論文

論文
見崎, 孝一 ; Misaki, Koichi
出版情報: 平成30(2018)年度 科学研究費補助金 基盤研究(C) 研究成果報告書 = 2018 Fiscal Year Final Research Report.  2016-04-01 - 2019-03-31  pp.4p.-,  2019-06-05.  金沢大学附属病院脳神経外科
URL: http://hdl.handle.net/2297/00055773
概要: 本研究では数値流体力学的解析結果を脳動脈瘤に応用することで血管内手術後の脳動脈瘤の再発の予測因子を探索した。その結果血管内手術によってコイルで塞栓された部位の圧力が高まることが危険因子であった。本解析は従来の数値流体力学的解析と同様に全ての 患者に同じ条件で行っており、本来異なる個人差に基づいて解析していない点に問題があると考えられた。しかしこの問題は解析による結果の無次元化によって解決し、動脈瘤の再発因子である圧力差は感度100%、特異度93%と高い数値を示した。以上より当初必要と考えられた解析の個別化は不要で、本研究によって数値流体力学的解析による精度の高い治療前の再発予測が可能となった。<br />In this study, we evaluated the risk factors of aneurysm recurrence after endovascular surgery using computational fluid dynamics. Our study showed that high pressure at the virtual coil surface is risk factor of aneurysm recurrence. The problem concerning individualization of the analysis was resolved by normalization of the results. The pressure elevation calculated with normalization showed high values of sensitivity (100%) and specificity (93%) for aneurysm recurrence. We can predict the aneurysm recurrence by preoperative analysis of pressure elevation with high accuracy.<br />研究課題/領域番号:16K10783, 研究期間(年度):2016-04-01 - 2019-03-31 続きを見る