1.

図書

図書
斉藤秀之, 加藤浩, 山田英司編
出版情報: 東京 : 文光堂, 2014.5
シリーズ名: 臨床思考を踏まえる理学療法プラクティス
所蔵情報: loading…
2.

論文

論文
加畑, 多文 ; Kabata, Tamon
出版情報: 平成29(2017)年度 科学研究費補助金 基盤研究(C) 研究成果報告書.  2015-04-01 - 2018-03-31  pp.5p.-,  2018-05-30.  金沢大学附属病院リハビリテーション部
URL: http://hdl.handle.net/2297/00051554
概要: 脂肪由来幹細胞は皮下脂肪組織から容易に採取可能で,小侵襲かつ大量に培養できるという利点があるため,臨床応用を目指して様々な研究が行われている.本研究では,セルシート技術を用いて大量の脂肪由来幹細胞を家兎変形性膝関節症モデルに移植することで, 軟骨変性に与える影響について検討した。実験結果から,シート移植により軟骨変性が軽減され,さらに,コラゲナーゼやアグリカナーゼ(組織を破壊する酵素のこと)の発現が有意に抑制されていた.つまり,移植した脂肪由来幹細胞が軟骨基質保護作用を持つ液性因子を分泌し,変形性膝関節症の進行を予防したと考えられる.<br />研究課題/領域番号:15K10465, 研究期間(年度):2015-04-01 - 2018-03-31 続きを見る
3.

論文

論文
加畑, 多文 ; Kabata, Tamon
出版情報: 平成29(2017)年度 科学研究費補助金 基盤研究(C) 研究成果報告書.  2015-04-01 - 2018-03-31  pp.5p.-,  2018-05-30.  金沢大学医薬保健研究域医学系
URL: http://hdl.handle.net/2297/00054207
概要: 脂肪由来幹細胞は皮下脂肪組織から容易に採取可能で,小侵襲かつ大量に培養できるという利点があるため,臨床応用を目指して様々な研究が行われている.本研究では,セルシート技術を用いて大量の脂肪由来幹細胞を家兎変形性膝関節症モデルに移植することで, 軟骨変性に与える影響について検討した。実験結果から,シート移植により軟骨変性が軽減され,さらに,コラゲナーゼやアグリカナーゼ(組織を破壊する酵素のこと)の発現が有意に抑制されていた.つまり,移植した脂肪由来幹細胞が軟骨基質保護作用を持つ液性因子を分泌し,変形性膝関節症の進行を予防したと考えられる.<br />研究課題/領域番号:15K10465, 研究期間(年度):2015-04-01 - 2018-03-31 続きを見る