1.

図書

図書
金沢大学総合情報処理センターLAN管理運営専門委員会編集
出版情報: 金沢 : 金沢大学庶務部庶務課, 2000.3
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
学術情報センター編集
出版情報: 東京 : 学術情報センター, 1994.12
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
文部省学術国際局情報図書館課 ; Germany (West). Bundesministerium für Forschung und Technologie
出版情報: [東京] : 文部省学術国際局情報図書館課, 1984
シリーズ名: 学術情報政策資料 ; no.17
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
文部省学術国際局情報図書館課
出版情報: 〔東京〕 : 文部省学術国際局情報図書館課, 1982.3
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
出版情報: [東京] : 文部省学術国際局情報図書館課, 1981.3-
所蔵情報: loading…
6.

論文

論文
山越, 健弘 ; 山越, 憲一 ; 松村, 健太 ; Yamakoshi, Takehiro
出版情報: 平成24(2012)年度科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究 研究成果報告書 = 2012 Fiscal Year Final Research Report.  2011-2012  pp.5p.-,  2013-05-14.  金沢大学機械工学系
URL: http://hdl.handle.net/2297/46664
概要: 光電容積信号を用いた容積振動法に基づき,血圧,脈圧,心拍数,血管緊張度,および血管弾性度の5生理指標を,指一本から同時かつ簡便に取得可能なプロトタイプを開発した。そしてこの動作性能評価を行い,次いで上記5指標から体調の善し悪しを判別可能かど うかのパイロット・スタディを行った。また,飲酒運転防止を目的とし,光電容積信号を利用した血中アルコール濃度計測の可能性をin vitro(アルコール吸光特性試験)及びin vivo(飲酒負荷試験)下で予備検討した。<br />A simplified system for health screening from cardiovascular parameters obtained non-invasively in a finger using the volume-oscillometric technique was developed and its preliminary assessment was conducted. An automated instrument made simultaneous measurements of key cardiovascular parameters, including blood pressure, pulse pressure, heart rate, normalized pulse volume as an index of α-adrenalin-mediated sympathetic activity, and finger arterial elasticity. We tested a prototype instrument in healthy volunteers during day-to-day living, including a sleep deprivation as physiological challenge. In conclusion, the system we have developed has allowed the periodic collection of physiological data in a convenient and expeditious way without any failure, demonstratingthe possibility to detect an adverse effect on health. In addition to this study, blood alcohol measurement using the optical principle was investigated in order to reduce health- and alcohol-related motor vehicle accidents as novel vehicle safety-locks.<br />研究課題/領域番号:23650349, 研究期間(年度):2011-2012 続きを見る
7.

論文

論文
西川, 清
出版情報: 工学・工業教育研究講演会講演論文集.  pp.105-106,  2004-07-30.  日本工学教育協会 = Japanese Society for Engineering Education
URL: http://hdl.handle.net/2297/32568
8.

論文

論文
松平, 拓也 ; Matsuhira, Takuya
出版情報: 平成27(2015)年度 科学研究費補助金 若手研究(B) 研究成果報告書 = 2015 Fiscal Year Final Research Report.  2013-04-01 - 2016-03-31  pp.5p.-,  2016-05-16. 
URL: http://hdl.handle.net/2297/00055496
概要: 金沢大学総合技術部情報部門(情報)<br />近年、大学間で連携して様々な活動を行う機会が増加している。本研究課題では、各大学が保持する様々な情報システム群を安全・安心に相互利用できるための大学間認証連携基盤の実現を目指した。実 現に向けて、利用者の利便性を重視しながらも、各情報システムが扱う情報の重要度に応じて適切なレベルでの利用者認証が可能な機構の確立と、現在主流となっているID・パスワード認証よりセキュアな多要素認証に関する研究開発を行った。<br />In recent years, opportunities for various collaborative activities among universities are increasing. In this research, I aimed at the realization of the authentication infrastructure among universities that users can use information systems held by each university safely and securely. I carried out establishing of the mechanism which can selects the appropriate level of authentication method in accordance with the importance of the each information system in consideration of the convenience of users. And we researched and developed about multi-factor authentication which is more secure than password authentication.<br />研究課題/領域番号:25750080, 研究期間(年度):2013-04-01 - 2016-03-31 続きを見る
9.

論文

論文
松平, 拓也 ; Matsuhira, Takuya, Takuya
出版情報: 平成24(2012)年度 科学研究費補助金 若手研究(B) 研究成果報告書 = 2012 Fiscal Year Final Research Report.  2010 – 2012  pp.6p.-,  2013-05-23. 
URL: http://hdl.handle.net/2297/00059589
概要: 金沢大学総合メディア基盤センター<br />大学間で連携して教育交流・情報発信・調査研究等を行う機会が増加している。本研究課題では、各大学がそれぞれ保有する教材や資料などの様々なコンテンツを、組織の壁を越えて柔軟に相互利用可能な 機構の実現を目指し、学術組織間デジタル資料分散共有システム"ARCADE"の開発を行った。その結果、組織の違いを意識することなく利用者の特性に応じて利用可能なコンテンツを容易にかつ安全・安心に取り扱うことが可能な機構を実現することに成功した。<br />Opportunities for educational, research-oriented, and business-related collaborations among higher-education institutions are increasing.Against this background, I have developed the file-sharing system “ARchive system forcross-referencing across a distributed environment (ARCADE)”. As a result, I succeeded in building the mechanism that users can share files easily and securely with other users across organizational boundaries.<br />研究課題/領域番号:22700809, 研究期間(年度):2010-2012 続きを見る