1.

図書

図書
日本比較内分泌学会編
出版情報: 東京 : 学会出版センター, 1998.1
シリーズ名: ホルモンの分子生物学 / 日本比較内分泌学会編 ; 4
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
角井菊雄著
出版情報: 東京 : 日本医学雑誌, 1950.9
シリーズ名: 綜合醫學新書 ; 13
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
坂本穆彦編
出版情報: 東京 : 医学書院, 2019.6
所蔵情報: loading…
4.

論文

論文
水上, 勇治 ; Mizukami, Yuji
出版情報: 平成9(1997)年度 科学研究費補助金 基盤研究(C) 研究成果報告書 = 1997 Fiscal Year Final Research Report Summary.  1996-1997  pp.15p.-,  1998-03.  金沢大学保健学系
URL: http://hdl.handle.net/2297/00049262
概要: 今回の研究において私達は種々疾患の甲状腺組織を用いノーザンブロット法,in situ hybridization法および,モノクローナル抗体TSH受容体を用いた免疫組織化学的染色法を行いTSH受容体遺伝子のmRNAレベルと蛋白レベルにおける 発現状態を検索し,種々の甲状腺疾患における甲状腺濾胞細胞でのTSH受容体発現と濾胞細胞の機能さらに甲状腺ホルモン全体におよぼす影響を検討した.A.材料.1996年から1997年にかけて金沢大学第2外科にて手術で得られた甲状腺組織を対象とした.組織は切除後直ちに凍結して-80℃に保存された.B.プローブと抗体.TSH受容体遺伝子の検索に用いたプローブはTSH receptor cDNA vectorである。免疫組織化学染色に用いた抗体はマウス抗TSH受容抗体であり,これらはParis South大学Dr.E.Milgromより供与された.C.結果1.種々の疾患の人甲状腺組織を用い、TSH受容体遺伝子のmRNA発現、蛋白質発現をnothernblot法,in situ hybridization法,免疫組織化学法用い検討した.2.これら3種の方法を用いたTSH受容体発現は各疾患別にみてほぼ一致して結果が得られた.3.バセドー病甲状腺ではmRNAレベル,蛋白レベル共に発現が高度に増加し,バセドー病甲状腺におけるTSH受容体のup-regulation機構が作動していることが推測された.4.非機能性の甲状腺腺腫,乳頭癌においてもTSH受容体はmRNAレベル,蛋白レベルで発現が増加していた.5.未分化癌のTSH受容体はmRNAレベル,蛋白レベル共に発現が認められなかった.<br />In the present study, we investigated TSH-receptor expression in hyman thyroids using immunohistochemistry, in situ hybridization and northern blot. The relationship between the TSH-receptor expression and the thyroid function were examined.A.Materials and MethoedsThe surgically resected thyroid tissues of various thyroid diseases were used in this study. The thyroid specimens were immediately frozed at -80C and stored. The TSH-receptor cDNA vector and the anti-human mouse monoclomnal antibody against TSH-receptor protein were used. These were kindly supplied by Dr.E.Milgrom (paris South University, France).B.ResultsThe obtained results were as follows :1. The immunohistochemical, in situ hybridization and northern blot study showed the same results in the expression of TSH-receptor in human thyroids of each case. examined.2. In Graves' thyroids, the elevated TSH-receotor expression was observed in both of protein level and mRNA level. This finding supported the theory that the up-regulation mechanism of TSH-receptor is one of the major causes of Graves' hyperthyroidism.3. In the thyroid adenomas and the carcinomas which are functionally inactive, the elevated TSH-receptor expression was observed in the protein level and mRNA level.4. In the undifferentiated thyroid carcinomas, The TSH-receptor expression was not detected in the protein level and mRNA level.<br />研究課題/領域番号:08670196, 研究期間(年度):1996-1997 続きを見る