1.

論文

論文
佐々木, 達夫 ; 蔀, 勇造 ; 佐々木, 花江
出版情報: 平成23年度科学研究費補助金 基盤研究(B) 研究成果報告書 = 2011 Fiscal Year Final Research Report.  2009-2011  pp.4p.-,  2012-05-20.  金沢大学
URL: http://hdl.handle.net/2297/46599
概要: 研究目的は、アラビア半島のオマーン湾港町遺跡ディバを発掘し、その出土品を用いて地域間の技術的影響の様相を時代的に探ることであった。遺跡出土品には現地産製品、及びオマーン、イエメンなどの周辺地域産製品の他に、現在の中国、ベトナム、タイ、ミャン マー、ウズベキスタン、イラン、イラク産の生活用品があり、その種類と組み合わせ、量的な比率、流通状態の時代的変遷から、当時の海上貿易で物が交流した実態が推測できるようになった。こうした研究は広範囲の陶磁器資料を扱っている研究代表者による成果が期待されていたが、世界史的にも未知の地域の歴史資料が増加したことにより、研究の意義が深まることとなった 出土した各地域産の陶磁器やガラス、生活用具、装飾品は、地域間技術交流の実態と海上貿易が果たした地域生活文化の形成過程を考える資料として有用なものとなった。層位的に収集した出土品の整理分類で貿易品と地域内生産品の同時代組み合わせの状態が判明した。産地ごとに分類した陶磁器の種類・器種・器形を調べ、代表的な器形は実測図を作成し写真を撮影し、重量や破片数を計測してデータ表を作成した。これまで他の遺跡で調査研究した物や研究成果と比較して、各種製品の流通圏が想定できるようになった。各種類の陶磁器製作技術を比較検討し、地域間の技術交流の様相を時代的にとらえることもできるようになった。運ばれた物資が生産した地域の文化特徴を他地域の文化要素に伝え、その痕跡が輸入した地域の技術に影響し、地域間技術交流の程度や文化接触の様相を伝える資料となったことを実証した<br />The aim of this study is to shed light on the technical influence between Arabian Peninsula and East Asian countries seen from the maritime trade history. We had excavations at Diba port town site in Sharjah Emirate, the United Arab Emirates. Houses were dug and many finds were unveiled from the site. Excavated ceramics were imported from East and Southeast Asian countries as well as Iran and Central Asia. Finds from the site tell us that the usage of ceramics as a daily life materials, dating of the combination of finds, changing of the daily life materials by periods and their quantity at the excavated site. Using these excavated date from Diba, it becomes clear that technical influence between Arabian Peninsula and the other countries by the seaborne trade in the Indian Ocean in ancient times.<br />研究課題/領域番号:21401030, 研究期間(年度):2009–2011 続きを見る
2.

論文

論文
河合, 望 ; Kawai, Nozomu
出版情報: 平成29(2017)年度 科学研究費補助金 基盤研究(B) 研究成果報告書 = 2017 Fiscal Year Final Research Report.  2015-04-01 – 2018-03-31  pp.5p.-,  2018-06-26. 
URL: http://hdl.handle.net/2297/00058647
概要: 金沢大学新学術創成研究機構<br />本研究は、従来調査研究が不十分であったサッカラ遺跡の新王国時代の墓地の調査を試み、埋葬習慣、文化史、政治史を解明することを目的とした。調査は、過去の遺跡地図の検討、衛星画像の解析、考古学的踏 査、三次元地形測量、物理探査などを駆使して実施した。その結果、北サッカラのテティ王のピラミッドの北西部に約10万㎡の規模の広大な新王国時代の墓地を世界で初めて発見することに成功した。また、同地区の東側に位置する斜面においても踏査、測量、探査を実施した後、有望地点にて試掘調査を行った。その結果、従来同地区では検出されていなかった第18王朝の埋葬関連遺物が大量に出土し、付近に新王国時代の墓が存在する確信を得た。<br />The goal of this project is to explore the New Kingdom cemeteries in Saqqara Necropolis which has not been comprehensively studied. It is aimed to reveal the burial customs, cultural history and political history in Memphis during the New Kingdom. The exploration of Saqqara was carried out by using several methods including examination of the old maps of the site, examination of the satellite images, archaeological reconnaissance, mapping survey, and geophysical prospections. As a result, we discovered an extensive New Kingdom cemetery in the area to the north-west of Teti Pyramid, measuring approximately 100,000㎡. We also conducted another survey in the eastern slope of the escapement, which is located to the east of the aforementioned New Kingdom cemetery. Then, we conducted archaeological sounding in the most promising place in the eastern slope and revealed a number of artifacts dating to the Eighteenth Dynasty, indicating the existence of New Kingdom tombs in the vicinity.<br />研究課題/領域番号:15H05163, 研究期間(年度):2015-04-01 – 2018-03-31 続きを見る
3.

論文

論文
山形, 眞理子 ; Yamagata, Mariko
出版情報: 平成27(2015)年度 科学研究費補助金 基盤研究(B) 研究成果報告書 = 2015 Fiscal Year Final Research Report.  2011-04-01 – 2016-03-31  pp.6p.-,  2016-05-18. 
URL: http://hdl.handle.net/2297/00059641
概要: 金沢大学国際文化資源学研究センター / 昭和女子大学<br />本研究ではベトナム中部・チャーキュウ遺跡において、発掘調査を根幹とする日越共同研究を実施している。その目的は東南アジアの初期国家「林邑」の出現と形成の過程を考古学的 に解明することである。林邑王都に比定されるチャーキュウ遺跡の城壁に注目し、その建設年代と構築方法を知るために、東城壁において二度の発掘調査を実施した。その結果、東城壁の中心を縦走する二列のレンガ壁が検出され、それらを含む最初の城壁の建設が後3世紀後半から4世紀に遡り、その後おそらく6世紀初頭までに二度の増築が行われたことがわかった。林邑史さらには東南アジア古代史研究に対し重要な知見をもたらすことができた。<br />This research focuses on the emergence and formation of Linyi, one of the earliest polities in Nanhai, namely, Southeast Asia. The Japanese-Vietnamese collaborative project has been carried out at the Tra Kieu site in central Vietnam, which has been identified as an old capital of Linyi. Two seasons’ excavations on the eastern rampart of Tra Kieu were conducted by the project team, with the intention of verifying the date and structure. As a result of this work, two rows of brick walls were unearthed with infill clay layers between them, regarded as the main structure of initial rampart dating from the latter half of the third century to the fourth century CE. This structure was subsequently enlarged at least twice, and these works probably ranged from the fourth to the beginning of the sixth century CE. These results of excavations have brought new perspectives on historical study of Linyi, and other ancient polities in Southeast Asia.<br />研究課題/領域番号:23401031, 研究期間(年度):2011-04-01 – 2016-03-31 続きを見る