1.

図書

図書
李信恵著
出版情報: 東京 : 影書房, 2015.1
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
藤村正之編著
出版情報: 東京 : 明石書店, 2010.11
シリーズ名: 差別と排除の「いま」 ; 4
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
西田芳正編著 ; 妻木進吾, 長瀬正子, 内田龍史著
出版情報: 大阪 : 部落解放・人権研究所 , 大阪 : 解放出版社 (発売), 2011.3
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
岩間信之編著
出版情報: 東京 : 農林統計協会, 2011.6
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
川端浩平著
出版情報: 東京 : 御茶の水書房, 2013.7
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
高崎経済大学附属地域政策研究センター編
出版情報: 東京 : 勁草書房, 2010.9
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
西田芳正著
出版情報: 吹田 : 大阪大学出版会, 2012.3
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
永田浩三編著
出版情報: 東京 : 大月書店, 2018.6
所蔵情報: loading…
9.

論文

論文
松下, 重雄 ; 三橋, 伸夫
出版情報: 日本建築学会計画系論文集 = Journal of Architecture and Planning (Transactions of AIJ).  77  pp.795-803,  2012-01-01.  Architectural Institute of Japan = 日本建築学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/39066
概要: The purpose of this study is to outline recent trend and a new approach of Groundwork movement in the UK, especially focusing on new programme for low-carbon society and social inclusion through establishing social enterprise. Characteristics of development strategy of Groundwork are 1)making a project by matching national policy through a holistic approach, 2)developing a financially independent project in niche market and then setting up a subsidiary as social enterprise and 3)reforming a multilayered national network by Groundwork trusts and subsidiaries. Groundwork has established a type of operation model for non-profit organisation in community development and has been one of the largest bodies in the UK. Its next step is similar to establish an operation model for social enterprise through the Groundwork mechanism and network. It is expected to create an alternative body for regeneration in British society and to regenerate more employment in the intermediate labour market. 続きを見る
10.

論文

論文
武田, 公子 ; Takeda, Kimiko
出版情報: 平成22(2010)年度 科学研究費補助金 基盤研究(B) 研究成果報告書.  2007-2010  pp.5p.-,  2011-05-19.  金沢大学人間社会研究域経済学経営学系
URL: http://hdl.handle.net/2297/00052545
概要: 各国における「貧困との闘い」は、各政府諸機関、非営利・営利の民間団体等の諸主体のもつ多様な資源の提供によって行われている。本研究では、これらの資源を「束」として提供する仕組みが各国においてどのような萌芽をもつかを検討した。その結果、(1)グ ローバル化に伴う格差・貧困問題の深刻化のなかで「束」の必要性は多かれ少なかれ注目される状況にあること、(2)各国での発現は、社会的組織の影響力の強弱、政府部門の大小、分権化の度合い等、複合的な要因に規定されて多様性をもつこと、が明らかになった。<br />研究課題/領域番号:19402040, 研究期間(年度):2007-2010 続きを見る