1.

論文

論文
荻原, 新八郎 ; 茶畑, 真由美 ; 立野, 勝彦 ; 灰田, 信英 ; 細, 正博 ; 濱出, 茂治 ; 洲崎, 俊男 ; 浅井, 仁 ; 山崎, 俊明 ; 三秋, 泰一 ; 武村, 啓住 ; 横川, 正美
出版情報: 金沢大学医学部保健学科紀要.  24  pp.9-13,  2001-03-01. 
URL: http://hdl.handle.net/2297/6143
概要: 金沢大学 医 保健<br />ヒトの呼吸様式が老化に影響されるのか,また呼吸様式には性差があるのか否かについて検討した.対象は,高齢者24名(男10名,女14名,平均72.0歳)で,対照群として健常大学生30名(男女15名ずつ, 平均20.4歳)が参加した.巻尺を腋窩と剣状突起の高さで当て,平静呼吸時の呼息時と吸息時の胸囲を測った.高齢男性では二つの高さ共に高齢女性と若年男性に比べて胸囲が有意に大きかった.上部胸郭の動きの胸郭全体の動きに対する割合は,男女共に,また高齢・若年者共に43~45%であり,有意差は認められなかった.呼吸理学療法においては,下位肺の換気・血流比の低いこと,また高齢者においては胸郭コンプライアンスの低下に鑑み,呼吸様式として下胸呼吸や横隔膜呼吸を指導することが望ましい<br />原著論文 続きを見る
2.

論文

論文
稲垣, 美智子 ; 浜井, 則子 ; 南, 理絵 ; 吉沢, 克英 ; 河村, 一海 ; 平松, 知子 ; 中村, 直子
出版情報: 金沢大学医学部保健学科紀要.  24  pp.111-118,  2001-03-01. 
URL: http://hdl.handle.net/2297/6138
概要: 金沢大学 医 保健<br />糖尿病患者の療養行動がどのように形成されているのかを,19名の入院患者を対象に,帰納的研究を行った.その結果,患者の療養行動は,自分の領域,担ってもらう領域,信条,家族資源に対する感情,推察する家族 資源,話し合いの実感,社会規範,コントロールできない心理的・身体的条件という八つの構成要素により構成されていた.又,患者の療養行動には二つの型があり,一つは,意識的に行っている療養行動であり,自分の療養行動領域と担ってもらう療養行動領域の大きさを規定する.もう一つは,意識的に行っている療養行動プロセスに話し合いの実感,社会規範が加わった患者役割行動としての療養行動形成プロセスであり,コントロールできない生理的・身体的条件は,両方のパターンに存在した<br />原著論文 続きを見る
3.

論文

論文
稲垣, 美智子 ; 平松, 知子 ; 中村, 直子 ; 小泉, 順二 ; 八木, 邦公 ; 河村, 一海 ; 松井, 希代子
出版情報: 金沢大学医学部保健学科紀要.  24  pp.131-140,  2001-03-01. 
URL: http://hdl.handle.net/2297/6146
概要: 金沢大学 医 保健<br />成人II型で,血糖コントロールが不良な糖尿病患者教育に,患者および医療チームメンバーとのオープンディスカッションを導入したクリティカルパスを考案した.その効果を12名の糖尿病患者を対象に入院時,退院 時,退院後1ヵ月に,血糖値,家族協力のしかた,患者理解,そしてこの方法による教育に対する満足感を用いて評価した.その結果,対象者全員および医療チームメンバーに肯定的な効果が得られた.更に本方法による患者教育方法は,対象者の属性や合併症の有無,糖尿病教育受講の有無に殆ど影響されていなかった.しかしながら本方法を標準化する為には,この1ヵ月後迄の結果に加え,継続した評価を加える必要がある<br />原著論文 続きを見る
4.

論文

論文
佐伯, 和子 ; 平野, 憲子 ; 塚崎, 恵子 ; 木村, 留美子
出版情報: 金沢大学医学部保健学科紀要.  24  pp.95-100,  2000-12-01. 
URL: http://hdl.handle.net/2297/6157
概要: 札幌医科大学 保健医療<br />脳血管性痴呆の高齢配偶者を介護している介護者の,疾病認識および夫婦としての認識を明らかにした.対象は多発性脳梗塞による痴呆の配偶者を介護する2事例であった.訪問面接を行い,テープ録音して逐語録を 作成した.痴呆および夫婦関係について語られた部分を抽出し,主題に関連するカテゴリーの意味を解釈した.介護者は,痴呆への対処としては,「呆けに直面することを回避」し,基礎疾患が原因であると考え,疾患の治療と身体介護に時間を費やし,本人の気持ちの持ちようで良くなると考えていた.夫婦関係に関しては,「意志疎通の困難さの中に夫婦であることを探索」し,夫婦の絆の再確認をし,自分の生きがいを見い出そうとしていた.人生の最期を,肯定的に認められるように援助することが重要であるといえる<br />原著論文 続きを見る
5.

論文

論文
加藤, 真由美 ; 泉, キヨ子 ; 川島, 和代 ; 平松, 知子 ; 中村, 直子
出版情報: 金沢大学医学部保健学科紀要.  22  pp.173-177,  1998-12-01. 
URL: http://hdl.handle.net/2297/6203
概要: 金沢大学 医 保健<br />入院高齢者114名と在宅高齢者71名の下肢筋力と骨量の比較研究をとおして,入院高齢者が75歳未満,75歳以上共に在宅高齢者と比較して下肢筋力が約50%と低かった.入院高齢者の骨量は移動能力によらず自 力歩行者,車椅子使用者共に骨粗鬆症の危険域とされる25%以下を示した<br />原著論文 続きを見る
6.

論文

論文
川島, 和代 ; 水上, 稔 ; 山崎, 松美 ; 瀬戸, 尚子 ; 秋田, 和賀子 ; 大場, 幸子 ; 石井, あかね
出版情報: 金沢大学医学部保健学科紀要.  22  pp.203-207,  1998-12-01. 
URL: http://hdl.handle.net/2297/6192
概要: 金沢大学 医 看護<br />原著論文
7.

論文

論文
斉藤, 善蔵 ; 池田, 肇信 ; 井城, 一弘 ; 渡辺, 彰 ; 岩井中, 陽一 ; 坂井, 明美 ; 島田, 啓子
出版情報: 金沢大学医学部保健学科紀要.  22  pp.219-222,  1998-12-01. 
URL: http://hdl.handle.net/2297/6190
概要: 金沢大学 医 看護<br />糖尿病の為に治療されていた81歳女で,尿路感染による下腹部痛の為に緊急入院し,X線検査で骨盤の子宮外窩に手拳大の石灰化腫瘤が発見された.それは45年間以上持っていた石児であった.石児摘出後疼痛及び発 熱は消失し,血漿葡萄糖管理が良くなった<br />原著論文/症例報告 続きを見る
8.

論文

論文
Wang, Xiao-ming ; 東, 光太郎 ; 綾部, 浩一郎 ; 元村, 有紀子 ; 大口, 学 ; 山本, 達 ; 飯田, 隆昭 ; 飯塚, 秀明 ; 野島, 孝之
出版情報: 核医学画像診断.  13  pp.2-5,  1998-09-01. 
URL: http://hdl.handle.net/2297/4230
概要: 金沢医科大学 放射線<br />原著論文/症例報告
9.

論文

論文
元村, 有紀子 ; 綾部, 浩一郎 ; Wang, Xiao-ming ; 東, 光太郎 ; 大口, 学 ; 興村, 哲郎 ; 山本, 達 ; 高田, 久
出版情報: 核医学画像診断.  13  pp.6-8,  1998-09-01. 
URL: http://hdl.handle.net/2297/4231
概要: 金沢医科大学 放射線<br />原著論文/症例報告
10.

論文

論文
清水, 正司 ; 川部, 秀人 ; 五十嵐, 保史 ; 蔭山, 昌成 ; 瀬戸, 光
出版情報: 核医学画像診断.  13  pp.15-17,  1998-09-01. 
URL: http://hdl.handle.net/2297/4234
概要: 富山医科薬科大学 医 放射線<br />原著論文/症例報告