1.

図書

図書
アムハード小西株式会社, 木構造建築研究所田原 [編]
出版情報: 東久留米 : アムハード小西, 2012.12
所蔵情報: loading…
2.

論文

論文
宮島, 昌克 ; Miyajima, Masakatsu
出版情報: 平成29(2017)年度 科学研究費補助金 基盤研究(B) 研究成果報告書.  2014-04-01 - 2018-03-31  pp.6p.-,  2018-05-25.  金沢大学理工研究域地球社会基盤学系
URL: http://hdl.handle.net/2297/00052815
概要: ユネスコ世界遺産に登録されている、イラン東アゼルバイジャンにある聖ステファノス教会を対象として、北タブリーズ断層を想定地震断層とした強震動予測を行い、耐震診断を行った。その際、常時微動観測や屈折法弾性波探査などの各種地盤調査を行って、建設地 点の地盤動特性を明らかにするとともに、建物の常時微動観測を行い、建物の動特性も明らかにした。耐震診断結果をもとに耐震補強法を提案した。<br />研究課題/領域番号:26303007, 研究期間(年度):2014-04-01 - 2018-03-31 続きを見る
3.

論文

論文
宮島, 昌克 ; Miyajima, Masakatsu
出版情報: 平成20(2008)年度 科学研究費補助金 基盤研究(B) 研究成果報告書 = 2008 Fiscal Year Final Research Report.  2005-2007  pp.4p.-,  2009-05-18. 
URL: http://hdl.handle.net/2297/00049459
概要: 金沢大学環境デザイン学系<br />本研究では,タブリーズ市において歴史的価値が高い建造物として有名なタブリーズ城とキャブード寺院を対象として, アナトリア断層を想定地震断層と仮定した耐震診断を行うとともに,耐震補強法について現 地の研究協力者と調査研究を行った。地盤の弾性波探査,建造物と周辺地盤の常時微動計測を行ない,建造物と周辺地盤の動特性把握を試みた。その結果,タブリーズ城の方がキャブード寺院よりも建物の1次固有振動数が地盤の卓越振動数に近く,地震時に地盤と建造物が共振する可能性があることを明らかにした。また,わが国における耐震補強法を紹介し,実現可能な対策について議論した。<br />研究課題/領域番号:19404009, 研究期間(年度):2005-2007 続きを見る