1.

論文

論文
二上, 文夫
出版情報: 金沢大学十全医学会雑誌.  105  pp.717-724,  1996-12-01.  金沢大学十全医学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/9246
概要: 金沢大学 医 第2外科<br />分化度の異なる5種類のヒト膵癌培養細胞を用いて検討した. 1)mRNAレベル及び蛋白レベルにおいて,u-PAは分化度とは関係なく全種類に発現が認められたのに対し,膵トリプシノーゲンは分化型である Capan-1,BxPC-3及びAsPC-1の3種類にのみ発現がみられた. 2)ヌードマウスの脾内移植法による肝転移発生率はCapan-1では56%,BxPC-3では50%,AsPC-1では89%と,分化型の癌で高率であったのに対し,Panc-1ならびにMIAPaCa-2の分化度の低い癌では転移が全くみられなかった.即ち,膵癌細胞の肝転移発生率は分化度ならびに膵トリプシノーゲンの発現とよく相関した. 3)インベージョンアッセイにおけるCapan-1細胞の浸潤細胞数はFOY-305により0.1μM以上で濃度依存性に減少した. 4)Capan-1細胞の脾内移植法による肝転移発生率は,FOY-305非投与群の62%に対し投与群では14%と,FOY-305投与により有意に低下した 続きを見る
2.

論文

論文
小林, 忠博
出版情報: 金沢大学十全医学会雑誌.  105  pp.796-806,  1996-12-01.  金沢大学十全医学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/9254
概要: 金沢大学 医 泌尿器科<br />1)ヒト前立腺癌培養株PC-3細胞を孵卵10日目の鶏卵漿尿膜上の血管内に移植した鶏卵胎児肝と大腿骨で経時的に増幅DNA断片の増強が認められた. 2)組織学的には,肝で腫瘍細胞の同定は容易であり, 経時的に腫瘍細胞が浸潤,増殖する像が観察された.一方,大腿骨においては形態学的に腫瘍細胞の同定は困難であったが,抗ヒトサイトケラチン抗体及び抗ヒトKi-67抗原抗体を用いた免疫組織化学染色により,微小転移巣の存在が移植後7日目に初めて確認された. 3)PC-3細胞移植後1日目にスラミンを50μg/卵投与した場合,肝及び骨転移形成に対する抑制効果は認められなかった.移植後3日目にスラミンを500μg/卵投与した場合の肝及び骨の転移巣に対する増殖抑制率はそれぞれ60.6及び6.7%であり,スラミンの抗腫瘍効果は被転移臓器における環境要因によって影響されることが示唆された 続きを見る
3.

論文

論文
常塚, 宣男
出版情報: 金沢大学十全医学会雑誌.  105  pp.272-286,  1996-04-01.  金沢大学十全医学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/9204
概要: 金沢大学がん研究所<br />ヒト線維肉種HT1080細胞及びマウス肺癌細胞Madison-109細胞にMT-MMP-1及びAS-MT-MMP-1の遺伝子を発現させた後,マウスに移植して転移,増殖能に与える影響を実験転移アッセイ 及び病理学的手法で検討した. 1)実験転移モデルにおいて2種類の細胞でMT-MMP-1遺伝子導入群(MT群)は発現ベクターのみの導入細胞群(対照群)に比べて,有意に肺生着率が高かった. 2)Madison109細胞の実験的肺転移における腫瘍移植後10日目の肺転移結節数は,MT群が対照群に比し約2倍と有意に多かった. 3)肺転移結節を形成している癌細胞の中でMT-MMP-1を発現しているMadison109細胞はMMP-2に対する免疫染色が陽性であった.以上の結果から,遺伝子導入により一過性に発現させたMT-MMP-1が活性化MMP-2を通じて癌細胞の実験的転移能,浸潤能及び増殖性を亢進させることが明らかとなった 続きを見る
4.

論文

論文
藤田, 拓也
出版情報: 金沢大学十全医学会雑誌.  105  pp.295-308,  1996-04-01.  金沢大学十全医学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/9206
概要: 金沢大学 医 整形外科<br />椎骨内存在範囲,椎骨内及び椎骨外進展様式の検討結果から,転移性脊椎腫瘍の局所進展様式は以下のように考えることができた.転移腫瘍細胞は,椎体後方部に着床し,椎体内骨髄を増殖進展する.垂直方向ではバ リアー組織である軟骨板,線維輪に達し,水平方向では,後縦靱帯に達し,肋椎関節,椎体側面骨膜,前縦靱帯へと到達する.椎弓根を通り椎骨後方要素へも進展しその骨膜に達する.後縦靱帯は弱いバリアー組織であり,脈管貫通部周囲より次第に破壊されるが,多くは薄い膜様線維性組織が表面を覆う.しかし,後縦靱帯側方部分から硬膜外腔に浸潤することもある.又,椎体側面骨膜,椎弓骨膜も破壊され,同様に薄い膜様疎性線維性組織が表面を覆うが,時に傍脊椎部,傍脊柱筋に進展する.腫瘍細胞は椎体偶角部より隣接椎体に,又,傍脊柱筋より隣接椎弓にも進展する 続きを見る
5.

論文

論文
寺山, 昇
出版情報: 金沢大学十全医学会雑誌.  104  pp.88-104,  1995-02-01.  金沢大学十全医学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/9116
概要: 金沢大学 医 放射線医<br />1)腫瘍血管は,内皮細胞のマーカーであるUEA-IならびにvWF,血管平滑筋や周皮細胞のマーカーであるα-SMA,基底膜成分であるIV型コラーゲン,ラミニンが陽性であり,転移性肝癌に おける血管新生でも早期から周皮細胞や基底膜の包囲を伴っていた 2)転移巣周囲の肝実質では,類洞内皮細胞にUEA-Iの結合やvWFの発現が見られ,類洞内皮は毛細血管化を示した.転移巣に近接してα-SMAが陽性の類洞壁細胞の増加が見られた.転移巣周囲の肝細胞には非癌部の肝細胞に比較して強いbFGFの発現が見られた. 3)一部の症例では,免疫組織化学的に,毛細血管化した転移巣周囲の類洞内皮が,転移巣内の血管に連続する部分が観察された.Microfil注入標本でも転移巣周囲の類洞から転移巣内へ連続する血管が観察され,転移巣辺縁部の腫瘍血管は周囲の類洞と連続し,一部は類洞内皮に由来することが示唆された 続きを見る
6.

論文

論文
多久和, 典子
出版情報: 金沢大学十全医学会雑誌.  113  pp.93-97,  2004-12-01. 
URL: http://hdl.handle.net/2297/4491
概要: 金沢大学大学院医学系研究科血管分子生理学<br />総説
7.

論文

論文
清水, 幸生 ; 土田, 龍郎 ; 伊藤, 春海
出版情報: 核医学画像診断.  17  pp.20-21,  2002-11-01. 
URL: http://hdl.handle.net/2297/4267
概要: 福井医科大学 放射線科<br />43歳男.息切れ,下肢関節痛を契機に胸部X-pにて左胸水を認め,骨シンチグラフィにて両下肢に線状のRI集積の増強を認めた.胸水穿刺後のCTにて左下葉に不均一に染まる径8cmの腫瘤を認めた.CTガ イド下肺生検により病理組織学的にadenocarcinomaと診断した.組織像は2年前に切除された耳下腺癌と酷似しており,耳下腺癌からの肺転移と肺性肥大性骨関節症と診断した.その後,化学療法により腫瘤は著明に縮小した<br />原著論文/症例報告 続きを見る
8.

論文

論文
小泉, 満
出版情報: 核医学画像診断.  16  pp.27-33,  2001-07-01. 
URL: http://hdl.handle.net/2297/4260
概要: 癌研究会附属病院 アイソトープ部<br />解説
9.

論文

論文
高山, 輝彦 ; 佐野, 禎彦 ; 前川, 尚三 ; 瀧, 淳一 ; 堀, 安裕子 ; 利波, 紀久
出版情報: 核医学画像診断.  12  pp.26-30,  1997-09-01. 
URL: http://hdl.handle.net/2297/4227
概要: 金沢大学 医 保健<br />原著論文/症例報告
10.

論文

論文
隅屋, 寿 ; 滝, 淳一 ; 藤田, 拓也 ; 土屋, 弘行 ; 利波, 紀久
出版情報: 核医学画像診断.  11  pp.18-20,  1996-08-01. 
URL: http://hdl.handle.net/2297/4217
概要: 金沢大学 医 核医<br />原著論文/症例報告