1.

論文

論文
高松, 博幸 ; Takamatsu, Hiroyuki
出版情報: 平成23(2011)年度 科学研究費補助金 基盤研究(C) 研究成果報告書 = 2011 Fiscal Year Final Research Report.  2009-2011  pp.4p.-,  2012-05-21.  金沢大学医薬保健研究域医学系
URL: http://hdl.handle.net/2297/00050946
概要: モエシンKOマウスは以下の表現型異常が認められた。末梢血白血球減少、貧血、体重減少と脾腫大、骨髄造血幹細胞の減少、骨髄・脾臓のB細胞・形質細胞の減少とT細胞の増加、脾臓の濾胞構造の不明瞭化である。一方、モエシンKOマウスにモエシン蛋白質を免 疫したところ、抗モエシン抗体が産生された。前処置後の野生型マウスに抗モエシン抗体を産生する脾臓・骨髄細胞を骨髄内移植したところ、野生型マウスに抗モエシン抗体産生、TNFαとIFNγ濃度の上昇、白血球減少がみとめられたが、血小板減少と貧血は認められなかった。<br />Moesin KO mice grew normally. However, the body weight of moesin KO mice was lower than that of WT mice. Complete blood counts of moesin KO mice revealed leukocytopenia and macrocytic anemia ; platelet counts were comparable. Moesin KO mouse spleens were heavier than those of WT mice and follicle formation in spleens of moesin KO mice were obscure with increased CD3^+lymphocytes and reduced CD19^+lymphocytes as compared with WT mice. BM of moesin KO mice was normocellular and characterized by increased CD3^+lymphocytes and reduced CD19^+lymphocytes as seen in spleens of moesin KO mice. The number of lineage negative, Sca-1^+, and c-Kit^+(LSK) mouse HSCs in moesin KO BM tended to be lower than that of WT mice. Moesin KO spleen/BM cells capable of producing anti-moesin antibodies were infused into BM of WT B6 male mice. Transplanted mice showed leukocytopenia and increase of TNFαand IFNγin plasma compared to WT B6 male mice transplanted with WT spleen/BM cells, but anemia and thrombocytopenia were not observed.<br />研究課題/領域番号:21591237, 研究期間(年度):2009-2011 続きを見る
2.

論文

論文
中尾, 眞二 ; Nakao, Shinji
出版情報: 平成18(2006)年度 科学研究費補助金 基盤研究(B) 研究成果報告書 = 2006 Fiscal Year Final Research Report Summary.  2005-2006  pp.9p.-,  2007-05.  金沢大学医薬保健研究域医学系
URL: http://hdl.handle.net/2297/00051107
概要: Diazepam binding inhibitor-related protein-1(DRS-1)に対する特異的なT細胞が、骨髄不全患者における発作性夜間ヘモグロビン尿症(PNH)形質血球の出現に関与しているか否かを明らかにするため、抗 DRS-1抗体を持つPNH型血球陽性の再生不良性貧血(再不貧)患者から、PIG-A遺伝子に異常を持つPNH型lymphoblastoid cell line(LCL)を樹立した。このPNH型LCLにレトロウイルスベクターや電気穿孔法を用いてDRS-1 cDNAの導入を試みたが、インヒビターが存在しているためか、恒常的にDRS-1を発現させることはできなかった。一方、組換えモエシンを用いたELISAを作製し67人の再不貧患者血清を調べたところ、25人(37%)において高力価の抗モエシン抗体が検出された。PNH型血球陽性再不貧患者43人とPNH型血球陰性再不貧患者24人のそれぞれの抗体保有率は47%、21%であり、PNH型血球陽性患者で有意に高頻度に抗モエシン抗体が検出された。モエシンはUT-7、K562などの骨髄系白血病細胞株と健常者由来CD34+細胞からエクソゾームとして細胞外に分泌されていた。これまでに我々が同定した抗DRS-1抗体、PNH型血球と、今回同定したが抗モエシン抗体の少なくとも一つを認めた再不貧患者では26例中22例(85%)が免疫抑制療法に反応して改善したのに対し、いずれも認めない再不貧患者2例では免疫抑制療法が無効であった。これらの所見から、再不貧患者では造血細胞由来のモエシンに対するB細胞の反応が高頻度に起こっており、抗モエシン抗体、抗DRS-1抗体、PNH型血球の検出を組み合わせることによって、免疫病態が関与する再不貧を診断できる可能性が示唆された。抗モエシン抗体を検出するための酵素免疫抗体法を開発し、特許(再生不良性貧血患者血清に存在する自己抗体の検出方法、特願2004-333725)を取得した。<br />In an attempt to determine whether CD4^+ T cells specific to diazepam-binding inhibitor protein-1 (DRS-1) contribute to the survival advantage of paroxysmal nocturnal hemoglobinuria (PNH)-type stem cells, we established a lymphobastoid cell line with PIG-A mutation from an aplastic anemia (AA) patients showing a high titer antibodies speicific to DRS-1. We tried to transfect the PNH-type LCL cells with DRS-1 cDNA using various methods such as retroviral vectors and electroporation to use them as a target of DRS-1 specific CD4^+ T cells. However, all the methods failed to induce expression of DRS-1 gene in LCL cells, probably due to inhibitory mechanisms for the DRS-1 expression inherent to B lymphocytes. Thus, we suspended this experiments and focused on another candidate autoantigen, moesin.We screened the sera of AA patients possessing small populations of PNH-type cells for the presence of antibodies (Abs) which recognize proteins derived from a leukemia cell line, UT-7. Immunoblott ing using proteins derived from lysates or culture supernatants of UT-7 cells revealed the presence of IgG Abs specific to an 80 kD protein. Peptide mass fingerprinting identified this 80 kD protein as moesin. Enzyme-linked immunosorbent assay (ELISA) using recombinant moesin showed high titers of anti-moesin Abs in 25 (37%) of 67 AA patients. Moesin was secreted from several myeloid leukemia cell lines other than UT-7, such as OUN-1 and K562, as an exosomal protein. The presence of anti-moesin Abs was significantly correlated with the presence of PNH-type cells and anti-diazepam-binding inhibitor-related protein-1 (DRS-1) Abs. AA patients that did not show any of these three markers tended to respond poorly to immunosuppressive therapy. These findings suggest that a B-cell response to moesin, possibly derived from hematopoietic cells, frequently occurs in patients with AA and that detection of anti-moesin Abs in combination with other markers may be useful in diagnosing immune pathophysiology in AA patients.<br />研究課題/領域番号:17390275, 研究期間(年度):2005-2006 続きを見る
3.

論文

論文
中尾, 眞二 ; Nakao, Shinji
出版情報: 平成16(2004)年度 科学研究費補助金 基盤研究(B) 研究成果報告書 = 2004 Fiscal Year Final Research Report Summary.  2003-2004  pp.9p.-,  2005-05.  金沢大学医薬保健研究域医学系
URL: http://hdl.handle.net/2297/00051108
概要: 一部の再生不良性貧血(再不貧)患者血清抗体によって認識される白血病細胞株UT-7由来の80kD蛋白を同定するため、免疫沈降により精製したこの蛋白のアミノ酸配列を質量分析を用いて同定した。その結果、この蛋白は細胞膜関連蛋白のモエシンであること が判明した。患者血清中の抗モエシン抗体価をELISA法により測定したところ、再不貧患者43例中20例(46.5%)が陽性であった。抗体の陽性率は、自己免疫性再不貧のマーカーであるPNH型血球陽性の再不貧患者では22例中14例(64%)であったのに対し、PNH型血球陰性の再不貧患者では18例3例(17%)のみであった。一方、UT-7由来のcDNAライブラリーのスクリーニングにより同定した蛋白diazepam-binding inhibitor-related sequence-1 (DRS-1)に対する抗体はPNH型血球陽性再不貧例84例中の32例(38.1%)に検出された。DRS-1のcDNA断片に由来するGST融合蛋白を作成し、各々に対する抗体の有無を決定したところ、抗体陽性者の約半数において、173-198位のペプチドに対する抗体が検出された。HLA-DR15蛋白と結合するT細胞エピトープのペプチドを合成し、DRS-1ペプチド特異的T細胞の前駆細胞頻度をELISPOTアッセイで調べたところ、抗DRS-1抗体陽性でDR15を持つ患者では、検討した2例の両例においてDRS-1特異的T細胞の前駆細胞が高頻度に存在することが示された。このDRS-1ペプチドによって患者末梢血単核細胞から誘導したDRS-1特異的CD4陽性T細胞は、DR15陽性白血病細胞株KH88を用量依存性に傷害した。したがって、抗DRS-1抗体を持つHLA-DR15陽性再不貧患者においては、DRS-1特異的CD4陽性が骨髄不全の発症に関わっている可能性が示唆された。<br />To identify an 80-kD protein derived from a leukemia cell line, UT-7, that was recognized by scrum IgG of a plastic anemia (AA) patients, we purified this protein using immunoprecipitation and determined amino acid sequence with mass fingerprinting. The protein proved to be moesin. When patients' sera were screened using ELISA and recombinant moesin, 20 of 43 (46.5%) AA patients were positive for anti-moesin antibodies. The antibody was detected in 14 of 22 (64%) patients possessing increased paroxysmal nocturnal hemoglobinuria (PNH)-type cells which are known to be a marker for lmmunopathophysiology of AA while it was detected in only 3 of 18 (17%) patients without increased PNH-type cells.We also identified diazepam-binding inhibitor-related sequence-1 (DRS-1), as a candidate autoantigen of AA using immunoscreening of cDNA library derived from UT-7. Antibodies to this protein were detectable in 32 of 84 (38.1%) of AA patients possessing increased PNH-type cells. Epitope mapping using GST-fusion protein fragments derived from DRS-1 cDNA showed that a 26 mer peptide (amino acid 173-198) contained a hot spot of antibody epitopes which was recognized by nearly half of AA patients showing anti-DRS-1 antibodies. When peripheral blood lymphocytes were examined using ELISPOT assay for the presence of T-cell precursors specific to a DRS-1 peptide which has high affinity to HLA-DR15, two AA patients carrying HLA-DR15 and anti-DRS-1 antibodies showed high frequency of DRS-1-specific CD4^+ T cells. DRS-1-specific T cells generated from one of the two AA patients by stimulating T cells with the DRS-1 peptide showed cytotoxicity against an HLA-DR15^+ and DRS-1-expressing leukemia cell line KH88 in a dose-dependent manner. These findings indicate that in AA patients possessing HLA-DR15 and anti-DRS-1 antibodies, DRS-1-specific T cells may contribute to development of bone marrow failure.<br />研究課題/領域番号:15390298, 研究期間(年度):2003-2004 続きを見る
4.

論文

論文
横山, 茂 ; Yokoyama, Shigeru
出版情報: 平成29(2017)年度 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究 研究成果報告書.  2015-04-01 - 2018-03-31  pp.4p.-,  2018-06-05.  金沢大学子どものこころの発達研究センター
URL: http://hdl.handle.net/2297/00054863
概要: 神経伝達物質受容体、イオンチャネルに代表される疎水性膜タンパクは、自己免疫性精神神経疾患の標的抗原となることが知られている。その診断検出システムを開発するために血自己抗原膜タンパクを大腸菌に大量発現させた。今回、グルタミン酸受容体サブユニッ ト2種 (GluN1-1, GRIA2)と神経型アセチルコリン受容体サブユニット (nAChR-alpha7)の大腸菌大量発現を達成した。ナノファイバーに組み込むための溶媒の検討を行い、ファイバー化に適した条件を模索している。<br />研究課題/領域番号:15K15190, 研究期間(年度):2015-04-01 - 2018-03-31 続きを見る
5.

論文

論文
和田, 隆志 ; Wada, Takashi
出版情報: 平成28(2016)年度 科学研究費補助金 基盤研究(B) 研究成果報告書.  2014-04-01 - 2017-03-31  pp.6p.-,  2017-05-29.  金沢大学医薬保健研究域医学系
URL: http://hdl.handle.net/2297/00050732
概要: 本研究では、エリスロポエチン(EPO)とその受容体EPORを介する臓器合併症、ことに腎症の機序解明を目指し、糖尿病臓器合併症の共通進展機序である炎症、線維化に着目した。ヒト培養血管内皮細胞を用いて高糖,EPO投与有無による網羅解析とそこから 得られる特異的応答分子機構を検討した。新規パスウェイとしてthioredoxin interacting proteinなどインフラマゾーム活性化につながる経路を同定した。一方、EPO投与により炎症、線維化シグナル、サイトカイン発現の低下を確認した。これらより、EPOはその受容体を介して、炎症、線維化カスケードの制御を行い病態に影響を与えている可能性がある。<br />研究課題/領域番号:26293127, 研究期間(年度):2014-04-01 - 2017-03-31 続きを見る
6.

論文

論文
吉川, 弘明 ; Yoshikawa, Hiroaki
出版情報: 平成18(2006)年度 科学研究費補助金 基盤研究(C) 研究成果報告書 = 2006 Fiscal Year Final Research Report Summary.  2004-2006  pp.6p.-,  2008-03.  金沢大学保健管理センター
URL: http://hdl.handle.net/2297/00049422
概要: 重症筋無力症(myasthenia gravis, MG)は、神経筋接合部シナプス後膜上のアセチルコリン受容体(acetylcholine receptor, AChR)に対する自己免疫疾患であると考えられてきた。MGの臨床的特徴の一つとし て、胸腺異常を高率に合併することがあげられる。約90%のMG患者で胸腺の異常があり、その約80%が胸腺過形成、20%が胸腺腫である。胸腺腫合併MGは非合併MGと異なり、難治性(ステロイドの減量が難しい)であることが知られている。我々は、胸腺腫合併MGの免疫学的異常を明らかにするために、血清中のAChR抗体、サイトカインならびに抗サイトカイン抗体を測定した。AChR抗体の測定は免疫沈降法、サイトカインの測定にはELISA、そしてサイトカイン抗体の測定には我々が開発したELISA変法を用いた。その結果、Interleukin(IL)-12 p70抗体はMG合併の有無にかかわらず胸腺腫合併例で上昇していた。しかし、IL-12 p40ならびにIL-12 p40抗体は胸腺腫合併MG例のみで上昇していることがわかった。さらに、我々は興奮収縮連関(E-C coupling)に関連するリアノジン受容体(ryanodine receptor, RyR)に対する自己抗体測定系も新規に開発した。この方法は合成ペプチドではなく全リアノジン受容体タンパクに対する抗体を測定できるもので、感度・特異度共にこれまでの測定系に比べて優れていることが証明された。この方法を用いてMG患者血清をスクリーニングすることにより、MGは単にAChR抗体により、神経筋接合部のシナプス伝達障害が起こる病気ではなく、その一部(胸腺腫合併例)はさらにE-C couplingを同時に障害することにより骨格筋め収縮をも障害する疾患である可能性が高くなった。すなわち、MGの筋力低下、易疲労性は神経筋伝達障害のみならず筋収縮の障害が関与している可能性が示された。<br />Myasthenia gravis (MG) is thought to be a disorder targeting at the acetylcholine receptor (AChR) on postsynaptic membrane of neuromuscular junction (NMJ). One of clinical characteristics of MG is high prevalence of thymic abnormality as high as 90% of patients. About 80% of patients have thymic follicular hyperplasia and 20% have thymoma. The patients with thymoma are refractory to therapy, i.e., they need to receive high amount of steroid for treatment. We measured AChR antibody, cytokines and antibodies against cytokines for studying the autoimmunity of MG patients with thymoma. For measurement of AChR antibodies, we used immunoprecipitation method. For measurement of cytokines, enzyme-linked immunosorbent assay (ELISA) was applied. For measurement of antibodies against cytokines, the modified ELISA was utilized. As a result, antibodies against interleukin (IL)-12 p70 were high in patients with thymoma with or without MG. IL-12 p40 and anti-IL-12 p40 antibodies elevated in sera from MG patients with thymoma. Additionally, we developed assay system for detecting antibodies against ryanodine receptor (RyR) that have a role in excitation-contraction (E-C) coupling of skeletal muscle. The method use whole protein of RyR instead to synthetic peptide, and is more sensitive and specific than ELISA system using synthetic peptide. Using detection system for RyR antibodies, we found that a group of MG patients with thymoma have autoantibodies against both AChR and RyR. Therefore, the pathological targets of MG patients with thymoma are synaptic transmission (AChR) and E-C coupling (RyR).<br />研究課題/領域番号:16590818, 研究期間(年度):2004-2006 続きを見る
7.

論文

論文
吉川, 弘明 ; Yoshikawa, Hiroaki
出版情報: 平成15(2003)年度 科学研究費補助金 基盤研究(C) 研究成果報告書 = 2003 Fiscal Year Final Research Report Summary.  2001-2003  pp.13p.-,  2005-05.  金沢大学保健管理センター
URL: http://hdl.handle.net/2297/00049423
概要: 重症筋無力症(MG)の胸腺細胞、骨髄細胞、末梢血単核球(PBMC)の抗アセチルコリン受容体抗体(AChRAb)産生能とIgG産生能を評価した。MG患者のPBMCは正常人のものに比べて高いIgG産生能を持っていることがわかった。また、MG患者 のリンパ組織の中で、PBMCが胸腺細胞、骨髄細胞に比べて最も高いAChRAb、IgG産生能を持つことがわかった。Severe combined immunodeficiency (SCID) mouseは、機能を持ったT cellおよびB cellを持たないため、ヒト・リンパ球を注入することにより、ヒト免疫系を再構築することができる。MG患者リンパ球(胸腺細胞、PBMC)をSCID mouse腹腔内に注入し、100日程度経過した後でアセチルコリン受容体抗原を腹腔内注入することで、マウスの血清ヒトAChRAb価が上昇することを証明し、memory immune responseがおこることを証明した。また、MG患者PBMのサイトカイン産生を測定することにより、interleukin (IL)-5,IL-6がIgG産生を誘導することがわかった。以上より、T cellを標的とした免疫抑制薬タクロリムスのMGに対する有効性が期待された。臨床試験の結果、その有効性が証明され、現在、タクロリムスは難治性MGに対する治療薬として臨床で使われるようになった。タクロリムスは、これまでの免疫抑制薬に比べて効果が早く出ることがその特徴で、免疫系を介さない作用もあるものと予想された。培養骨格筋細胞の細胞内カルシウム濃度[Ca^<2+>]_iを測定することにより、タクロリムスはアセチルコリン添加によりひきおこされる[Ca^<2+>]_iを増強させることがわかり、骨格筋の興奮収縮連関に直接的に働くことが示唆された。<br />We evaluated anti-acetylcholine receptor antibody (AChRAb) and IgG productions from thymus cells, bone marrow, and peripheral blood mononuclear cells(PBMC) in patients with myasthenia gravis(MG). PBMC from MG patients spontaneously produced more abundant IgG than that from normal controls. PBMC of MG patients had an accelerated ability to produce immunoglobulin compared to that of thymus or bone marrow cells. Severe combined immunodeficiency(SCID) mice do not have functional T or B cells, and injected human lymphocytes can reconstitute a functional human immune system in the mice. We produced MG-SCID mice by injecting thymus cells and PBMC into the peritoneal cavity of the mice. One hundred days after cell transplantation, we injected acetylcholine receptor protein into the peritoneal cavity of the mice. We observed a sharp elevation of human AChRAb titer after the antigen administration suggesting a memory immune response of human lymphocytes. In a study to clarify factors that induce immunoglobulin production by cultured PBMC, we observed that interleukin (IL)-5 and IL-6 secretions are correlated with IgG production. As a result, immunotherapy targeting PBMC from MG patients seems to be effective. A clinical trial of tacrolimus proved to be effective for intractable MG patients. Currently, the usage of tacrolimus is admitted as an immunotherapy for intractable MG patients. As tacrolimus showed quick therapeutic effect compared to other immunosuppressants, pharmacological effects in addition to immunosuppression are suspected. We measured intracellular Ca^<2+> level ([Ca^<2+>]_i) in cultured skeletal muscle cell line (TE671). Tacrolimus increased [Ca^<2+>]_i induced by the addition of acetylcholine. Therefore, tacrolimus may have an effect on the excitation-contraction coupling as well as immunosuppressive effects.<br />研究課題/領域番号:13670636, 研究期間(年度):2001-2003 続きを見る
8.

論文

論文
藤木, 明子 ; Fujiki, Akiko
出版情報: 平成30(2018)年度 科学研究費補助金 若手研究(B) 研究成果報告書 = 2018 Fiscal Year Final Research Report.  2017-04-01 - 2019-03-31  pp.4p.-,  2019-05-30.  金沢大学附属病院皮膚科
URL: http://hdl.handle.net/2297/00055850
概要: 膠原病では抗核抗体および疾患特異的自己抗体が高率に検出される。それぞれの自己抗体は臨床的特徴を有している。我々は免疫沈降法による自己抗体のスクリーニングにて160kDa蛋白に対する新規自己抗体を検出した。MS解析にて抗原蛋白はscaffol d attachment factor Bと判明した。抗SAFB抗体は全身性強皮症や多発性筋炎、皮膚筋炎、間質性肺疾患の患者で認められ、レイノー現象や爪上皮出血点を有していた。抗SAFB抗体は間質性肺疾患に関連した新規膠原病自己抗体であると考えた。<br />Antinuclear antibodies (ANAs) are a hallmark of autoimmune connective tissue diseases(CTD).The CTD-related autoAbs are associated with specific clinical features.During the screening process using immunoprecipitation assays in sera, we found several sera that occasionally reacted with a protein with a molecular weight of 160 kDa. Using a series of biochemical and molecular analyses, the autoantigen targeted by this Ab specificity was identified as scaffold attachment factor B (SAFB).The anti-SAFB Ab was detected in a small number of patients with systemic sclerosis, polymyositis/dermatomyositis and interstitial lung disease (ILD).Patients with anti-SAFB Ab had Raynaud’s phenomenon and nail fold punctate hemorrhage.Anti-SAFB Ab is a novel CTD-related autoAb possibly associated with ILD.<br />研究課題/領域番号:17K16331, 研究期間(年度):2017-04-01 - 2019-03-31 続きを見る
9.

論文

論文
中本, 安成 ; 稲垣, 豊 ; 北野, 善郎 ; 荻野, 英朗 ; 河合, 博志 ; 種井, 政信 ; 西村, 浩一 ; 松下, 栄紀 ; 卜部, 健 ; 金子, 周一 ; 鵜浦, 雅志 ; 小林, 健一
出版情報: Acta Hepatologica Japonica.  32  pp.863-867,  1991-01-01.  日本肝臓学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/7462
概要: 金沢大学医学部附属病院内科(旧第一内科)<br />We report a case of chronic active hepatitis type C associated with hyperthyroidism foll owing a long-term interferon therapy. A 49-year-old man, who had received 1,440 ml of blood transfusion for massive bleeding from the gastric ulcer, was diagnosed as posttransfusion hepatitis 40 days later. While antibodies to thyroid microsomal antigen was positive, he was euthyroid state at the onset of hepatitis. A total of 474 MU of recombinant IFNホア was injected subcutaneously for 12 months. Nine months after the end of the therapy, finger tremor and body weight loss appeared. Laboratory data revealed overt hyperthyroidism. Thyroid stimulating antibodies, TSH receptor antibodies and antinuclear antibodies appeared following interferon therapy, as well as antibodies to thyroid microsomal antigen and islet cell surface antigen, which had been positive since the beginning of the therapy. Recently, various autoimmune responses have been shown to appear in the course of long-term interferon therapy, which will be of great clinical significance in the management of chronic type B and C hepatitis. 続きを見る
10.

論文

論文
中尾, 眞二 ; Nakao, Shinji
出版情報: 日本内科学会雑誌 = The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine.  98  pp.406-412,  2009-02-10.  日本内科学会 = The Japanese Society of Internal Medicine
URL: http://hdl.handle.net/2297/36663
概要: 再生不良性貧血(再不貧)は汎血球減少と骨髄の低形成を特徴とする難治性の症候群である.全体の約70%の患者では免疫抑制療法が奏効することから,再不貧の主な病態は自己免疫による造血幹細胞の傷害と考えられている.しかし,実際には骨髄異形成症候群で みられるのと同様の造血幹細胞の質的異常によるものも含まれているため,治療前に免疫病態の有無を判定した上で,病態に即した治療を行うことが重要である.最近では,glycosylphosphatidylinositol(GPI)アンカー膜蛋白が欠失している発作性夜間血色素尿症(PNH)形質の血球(PNH型血球)をフローサイトメトリで検出することにより,免疫病態の存在を診断できるようになった.フローサイトメトリが適用できない例や,PNH型血球が陰性の症例においても,血清中の自己抗体を検出することによって,免疫病態による骨髄不全かそうでないかを今後判定できるようになる可能性がある. 続きを見る