1.

図書

図書
干鯛真信, 市川勝著
出版情報: 東京 : 丸善, 1983.12
シリーズ名: 化学セミナー ; 11
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
今中利信著
出版情報: 東京 : 培風館, 1975.11
シリーズ名: ケミカルエンジニアリング・シリーズ ; 4
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
触媒学会編
出版情報: 東京 : 講談社, 1984.4
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
西村重夫,高木弦著
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 1987.4
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
檜山為次郎, 野崎京子編
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 2004.3
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
村橋俊一, 山本明夫, 野依良治編
出版情報: 京都 : 化学同人, 1995.9
シリーズ名: 化学増刊 ; 124
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
触媒学会
出版情報: 東京 : 講談社, 1985.10
シリーズ名: 触媒講座 / 触媒学会編 ; 1 基礎編 1
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
川口信一著
出版情報: 東京 : 裳華房, 1984.9
シリーズ名: 基礎化学選書 ; 18
所蔵情報: loading…
9.

論文

論文
谷口, 剛史 ; Taniguchi, Tsuyoshi
出版情報: 平成24(2012)年度 科学研究費補助金 若手研究(B) 研究成果報告書 = 2012 Fiscal Year Final Research Report.  2011-2012  pp.5p.-,  2013-04-19.  金沢大学医薬保健研究域薬学系
URL: http://hdl.handle.net/2297/00050881
概要: 金沢大学医薬保健研究域薬学系<br />フタロシアニン鉄と分子状酸素を活用することによって、以下の三つの新しい反応を開発した:(1)ヒドラジン化合物からの新規ラジカル発生法とアルケンへの付加反応、(2)水素化ホウ素ナトリウムを用 いる酸化還元水和反応を利用したアルケンからの直接的な1,4-ジオールの合成、(3)酸素を酸化剤とする酸化還元的エステル化反応。また、本研究過程で簡便なアルケンの酸化的ニトロ化反応を開発することができた。<br />Three novel reactions using iron phthalocyanine and molecular oxygen have been developed:(1) a new method for generation of radicals from hydrazine compounds and addition reactions of resultant radicals to alkenes(2) synthesis of 1,4-diols from simple alkenes by redox hydration using sodium borohydride(3) oxidation-reduction esterification using oxygen as an oxidant. In addition, mild oxynitration reactions of alkenes have been found in the courseof these studies.<br />研究課題/領域番号:23790008, 研究期間(年度):2011-2012 続きを見る
10.

論文

論文
國嶋, 崇隆 ; Kunishima, Munetaka
出版情報: 平成25(2013)年度 科学研究費補助金 基盤研究(C) 研究成果報告書 = 2013 Fiscal Year Final Research Report.  2011-2013  pp.5p.-,  2014-05-22.  金沢大学医薬保健研究域薬学系
URL: http://hdl.handle.net/2297/00051633
概要: 脱水縮合反応を基盤としたモジュール式アフィニティーラベル化法(MoAL法)は、従来のアフィニティーラベル化法の利点を生かしつつ問題点だけを克服した優れた新規タンパク質探索技術であり、今回この技術の実用化に向けた研究を飛躍的に進展させた。本課 題では、薬物の標的タンパクに特異的な効率的標識化反応条件の確立と高効率的触媒ユニットの開発、極微量のタンパク質を識別する高感度検出法の開発、未知の標的タンパクの探索実験に成功した。<br />A modular method for affinity labeling (MoAL method), which is based on dehydrocondensing reactions in aqueous solvents and overcomes problems of conventional affinity labeling method, has been developed. In this research project, we succeeded in construction of highly efficient catalyst units for the MoAL method, development of high sensing method for trace amount of proteins, and detection of an unknown protein for some drugs by MoAL method.<br />研究課題/領域番号:23590004, 研究期間(年度):2011-2013 続きを見る