1.

図書

図書
東京都
出版情報: 東京 : 東京都, 1973
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
平兮元章, 大橋薫, 内海洋一編著
出版情報: 東京 : 多賀出版, 1998.2
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
磯村英一編
出版情報: 東京 : 鹿島出版会, 1980.12
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
柴田徳衛,加納弘勝編
出版情報: 東京 : アジア経済研究所, 1986.1
シリーズ名: 研究双書 / アジア経済研究所[編] ; 341
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
八田達夫, 八代尚宏編
出版情報: 東京 : 東京大学出版会, 1995.2
所蔵情報: loading…
6.

雑誌

雑誌
比較都市史研究会 [編集]
出版情報: 東京 : 比較都市史研究会, 1982-
巻次(年次): 1巻1号 (1982.6)-
所蔵情報: loading…
7.

論文

論文
神谷, 浩夫 ; Kamiya, Hiroo
出版情報: 平成10(1998)年度 科学研究費補助金 基盤研究(C) 研究成果報告書 = 1998 Fiscal Year Final Research Report Summary.  1997-1998  pp.34p.-,  1999-03.  金沢大学人間社会研究域人間科学系
URL: http://hdl.handle.net/2297/00051806
概要: 本研究では、近年における医療サービス供給の変貌を都市における土地利用の用途に対する規制と関連させながら、精神科診療所を事例として考察した。精神科診療所を考察する視点は、1)医療政策の転換の事例として、2)迷惑施設の事例として、3)現代のスト レス社会に必須の装置として、という3点である。これらの観点から、日本の6大都市(東京都区部、横浜市、名古屋市、京都市、大阪市、神戸市)における精神科神経科診療所の立地を分析した。その結果以下の点が明らかとなった。1) 1980年ごろから、急速に第精神科神経科診療所の開業が大都市で増えている。これは、これまで患者が通院ではなく入院していた精神病院のずさんな医療や経営に対する社会的な批判が高まったことや通院診療報酬制度の変更に対応した動きである。2) 新たに開業した精神科神経科診療所は大都市に立地する傾向が強くみられ、しかもターミナル駅周辺に集積が著しい。これは、迷惑施設としての側面を精神科神経科診療所が強く持っているためである。3) 1985年以降、ターミナル立地の傾向がさらに強まる一方、診療所の開設も依然として続いている。駅前の立地は、匿名性を重視し、広い地域から患者を集めるのに都合がよいことと、立地の際のトラブルを避けるために様々な用途の土地利用が混在している繁華街が好都合なためである。これは、1)の開放医療・地域医療への動きとは矛盾する動きでもある。<br />In this research project, the location characteristics of psychiatric clinics in six metropolitan areas in Japan is investigated as an example of recent change in medical service provision, focusing on the effect of land use control upon them. Psychiatric clinics are studied from the following three viewpoints. l)As an example of change in policy change in government control on medical service provision, 2)as an example of locational conflict around noxious facility 3)as an indispensable facility in the contemporary society with many mental stresses. Mail survey are conducted to the psychiatric clinics in largest six metropolitan areas, i.e. Tokyo, Yokohama, Nagoya, Kyoto, Osaka, and Kobe. The findings are summarized as blow.1)After around 1980, newly opened psychiatric clinics have increased greatly Such increase is prompted by the public opposition against the quality of care provided at the psychiatric hospitals, and by the change in medical insurance system.2)Newly opened psychiatric clinics tend to locate in larger metropolitan areas, especially in the vicinity of railway terminal station. This is because people often regard these clinics as noxious facilities.3)From 1985, more psychiatric clinics are located around the terminal. The reasons why such location is preferred for psychiatric clinics are as follows. i) Patients prefer anonymous surroundings. ii) Railway terminal has easy access from the wider areas from in and out of the outer city iii) Locational conflicts can be avoided in the commercial areas around the railway terminal where land use control by urban planning is less strict than in the suburban residential areas. Such spatial inequality in the provision of psychiatric treatment service is not compatible with the recent policy orientation towards deinstitutionalization.<br />研究課題/領域番号:09680155, 研究期間(年度):1997-1998 続きを見る