1.

論文

論文
宮本, 謙一
出版情報: 平成22(2010)年度 科学研究費補助金 基盤研究(C) 研究成果報告書 = 2010 Fiscal Year Final Research Report.  2008-2010  pp.5p.-,  2011-05-10.  金沢大学附属病院
URL: http://hdl.handle.net/2297/47961
概要: 酪酸は,AMPKの活性化とHDAC阻害作用を併せもち脂肪酸β酸化経路を活性化させることにより肝臓の脂質代謝を改善する可能性が示唆された.Salacia reticulataは血清中adiponectinを上昇させ脂肪分解を亢進する ことで抗肥満効果を示すことが示唆された.葛花抽出物は肝臓および褐色脂肪に作用して抗肥満効果を示すことが示唆された.これらの結果は,非アルコール性脂肪肝炎(NASH)の病態解明と治療法の確立に寄与する重要な知見と考えられた.<br />It is suggested that butylic acid activates AMP-activated protein kinase (AMPK) and inhibits histone deacetylase (HDAC) thereby improves lipid metabolism in the liver by activating lipid β-oxidation. S. reticulata extract exhibited anti-obesity effect by increasing serum adiponectin and enhancing lipid metabolism. P. flos extract exhibited anti-obesity effect through an action on the liver and brown fat cell. These findings may facilitate clarification and treatment of non-alcoholic steatohepatitis (NASH).<br />研究課題/領域番号:20590141, 研究期間(年度):2008–2010 続きを見る
2.

論文

論文
永島田, まゆみ ; Nagashimada, Mayumi
出版情報: 平成30(2018)年度 科学研究費補助金 若手研究(A) 研究成果報告書 = 2018 Fiscal Year Final Research Report.  2015-04-01 - 2019-03-31  pp.5p.-,  2019-05-21.  金沢大学医薬保健研究域保健学系
URL: http://hdl.handle.net/2297/00054754
概要: 抗酸化素材であるカロテノイドの炎症抑制作用に着目し、慢性炎症とインスリン抵抗性を病態基盤とするメタボリック症候群、糖尿病、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)への有用性と作用メカニズムを検証した。アスタキサンチンは炎症細胞の肝臓への浸潤や小胞 体ストレスを減少させNASHを抑制した。リコピンは酸化ストレスの抑制、脂肪組織や肝臓に浸潤するマクロファージの極性を制御しインスリン抵抗性を改善した。更にインスリン感受性の制御に関与するケモカイン受容体CX3CR1をマクロファージ特異的に欠損するマウスは、肥満によるインスリン抵抗性や炎症が増悪した。マクロファージを作用点とする炎症促進モデルとして期待できる。<br />Carotenoids are potent antioxidants and anti-inflammatory micronutrients that have the potential to prevent or treat non-alcoholic fatty liver disease (NAFLD). We focused on the efficacy of carotenoid for metabolic syndrome, diabetes, NAFLD and nonalcoholic steatohepatitis (NASH). In this study, our data indicated that carotenoids, such as astaxanthin and lycopene, prevented and reversed NASH or insulin resistance by suppressing oxidative stress and regulating macrophage polarization both in liver and adipose tissue.In addition, we found that chemokine system fractalkine-CX3CR1 had negative influences on insulin sensitivity by increasing adipose tissue macrophage recruitment. To further investigate the role of CX3CR1 on metabolic syndrome, we generated tissue-specific CX3CR1 knockout mice. The KO mice exacerbated obesity-induced inflammation and insulin resistance, suggesting that it have the potential to be a novel metabolic syndrome model.<br />研究課題/領域番号:15H05345, 研究期間(年度):2015-04-01 - 2019-03-31 続きを見る
3.

論文

論文
千葉, 真由美 ; 佐々木, 素子 ; 北村, 星子 ; 中沼, 安二
出版情報: 消化器と免疫 = Digestive organ and immunology.  48  pp.150-154,  2011-01-01.  日本消化器免疫学会 / マイライフ社
URL: http://hdl.handle.net/2297/31521
4.

論文

論文
Watanabe, Michiru ; Shimada, Tsutomu ; Iiduka, Seiichi ; Iida, Nanae ; Kojima, Kazuko ; Ishizaki, Junko ; Sai, Yoshimichi ; Miyamoto, Kenichi ; Aburada, Masaki
出版情報: Journal of Traditional Medicines = 和漢医薬学雑誌.  28  pp.73-82,  2011-01-01.  Medical and Pharmaceutical Society for WAKAN-YAKU = 和漢医薬学会
URL: http://hdl.handle.net/2297/28405
概要: NAFLD(Non-alcoholic Fatty Liver Disease)や NASH(Non-Alcoholic Steatohepatitis)の罹患率が急増している。Monosodium glutamate(MSG)を新生児 I CR マウスに皮下投与した ICR-MSG マウスは, 肥満を始めインスリン抵抗性, 糖尿病を発症し,さらにはヒトと類似したNASH様組織病変を示す。今回アーユルヴェーダー伝統医学において糖尿病やリウマチなどに用いられている Salacia reticulata の NAFLD/NASH 発症に対する予防作用を ICR-MSG マウスを用いて検討した。 ICR-MSG マウスに S. reticulata extract(SRE)を混餌にて 8 週間処置した。体重,摂餌量を経時的に測定し,実験終了時には採血および肝臓を摘出し,生化学検査値の測定ならびに肝臓細胞の病理組織学的検査を行った。 Normal 群と比較し MSG-Control 群は有意な肥満,高インスリン血症,脂質代謝異常,顕著な脂肪肝などが確認された。一方,SRE 処置群は,体重増加抑制作用,高インスリン血症改善効果,脂質代謝改善作用を示した。また肝臓において SRE は,肝肥大抑制作用,肝中脂質低下作用を示し,さらには NASH の前段階である脂肪変性および炎症性細胞の浸潤を抑制した。以上より,SRE は,抗肥満およびインスリン抵抗性改善作用をはじめ NASH 病変である脂肪肝および炎症性細胞の浸潤を抑制したことから,SRE は NAFLD/NASH の予防・治療薬としても有望な素材であることが示唆された。 続きを見る