1.

論文

論文
御影, 雅幸 ; 難波, 恒雄
出版情報: 生薬学雑誌 = The Japanese journal of pharmacognosy.  37  pp.334-341,  1983-12-20.  日本生薬学会 = The Japanese Society of Pharmacognosy
URL: http://hdl.handle.net/2297/36595
概要: The origin of Chinese crude drug "Weilingxian" (威霊仙), available in market, is mainly derived from the undergro und portions of Clematis plants. To clarify the botanical origin of "Weilingxian" from northeast China, comparative anatomical study was made on the crude drug and the roots of five Clematis species growing wild in northeast China. Our results show that two Clematis species were recognized as the botanical origins of "Weilingxian" from this district, one was C. anguslifolia JACQ., and the other seems to be a local variation of C. terniflora.現在の日本市場に出廻っている「威霊仙」は主として朝鮮半島産のものであるが3), 市場にはまれに中国東北部産と称されるものも出廻っている. 中国東北部産威雲仙の基源植物に関しては, 謝4)や李ら5)は「黒薇」の名でキンポウゲ科の(Clematis angustifolia JACQ. (=C. hezapetala PALL. )およびC. mandshurica RUPR. (=C. terniflora DC. )を挙げ, 謝はこれら以外にC. fusca TURCZ. , C. liotungensis KITAG. をもその基源とし, 『中葯志』6)ではC. mandshuricaをあてている, また『東北常用中草葯手冊』7)ではC. angustifolia, C. mandshuricaのほかに「鉄脚威霊仙」としてユリ科のSmilax sieboldii MIQ. を挙げ, さらに同書や『北方常用中草葯手冊』8)では「草本威霊仙」としてゴマノハグサ科のVeronica sibirica L. を記している. 今回入手し得た中国東北部産威雲仙は, その内部形態から明らかにClematis属植物基源のものとSmilax属植物基源のものが認められた. Clematis属植物基源の商品は1株から多数の細い根を出すものである. 植物分類地理学的に考察すると, 中国東北部産のClematis属植物9, 10)の中でそのような根を有すると考えられるものはC. terniflora, C. angustifolia, C. fusca, C. pantens MORR. et DECNE. , C. brachyura MAXIM. , C. ianthina KOEHNE, C. flavellata NAKAIなどである11). そこでこれらの植物の中で, 採集し得たC. flavellataを除く5種の根の内部構造を検討し, 商品と比較した. なおC. ternifloraについてはすでに報告したので1), 本報では商品および根の形状が類似したC. angustifolia, C. fuscaおよびC. ianthinaの根について記載し, C. patensについては内部形態的にこれらの種とはやや異なるので別報にて述べる. またSmilax属植物基源のものについても別報にて詳説する. 続きを見る
2.

論文

論文
御影, 雅幸 ; 難波, 恒雄
出版情報: 生薬学雑誌 = The Japanese journal of pharmacognosy.  37  pp.361-366,  1983-12-20.  日本生薬学会 = The Japanese Society of Pharmacognosy
URL: http://hdl.handle.net/2297/36586
概要: As described in the previous paper, the first botanical origin of the Chinese crude drug "Weilingxian" was the Clematis plant of Ranunculaceae, especially the species in Sect. Tessen. But the botanical origin had changed with the times. In this paper, the change of the botanical origin of " Weilingxian" was clarified herbologically. As the result, the botanical origin of "Weilingxian" had changed from the species in Sect. Tessen to Clematis terniflora DC. in the Southern Song (南宋) dynasty of China. Furthermore, in the same dynasty, "Weilingxian" derived from the species in other families, i.e. Compositae, Umbelliferae, etc. had appeared. In the Qing (清) dynasty, the root of Smilax species of Liliaceae started to be used also as "Weilingxian." 前報1)で述べたごとく, 「威霊仙」の古来の正品はキンポウゲ科のClematis属植物, とくにテッセン節の植物であったと考えられる. しかし, 宋代の『図経本草』3)には明らかにゴマノハグサ科のVeronicastrum sibiricum(L. )PENNELLクガイソウと思える文章と図が記され, さらに時代が下るにつれてユリ科植物, センリョウ科植物, キク科植物などを基源とする「威霊仙」が使用されるようになったようである4). 本報では「威霊仙」の基源植物の歴史的変遷について本草学的考察を加える. I. 宋代初期までの「威霊仙」前報1)で述べたごとく, 「威霊仙」は元来朝鮮半島で用いられていた薬物であり, Clematis patens MORR. et DECNE. カザグルマの根を基源とするものであったと考えられる. これが中国へもたらされたのは8世紀の頃であり, 伝達の地である商州(今の陝西省東南部)にはカザグルマの分布がなかったので, おそらく同節(Sect. Tessen)中のC. florida THUNB. テッセン, C. courtoisii HAND. -MAZZ. およびC. cadmia BUCH. -HAM. ex WALL. の3種の中のいずれかを代用としていたものと考えられる1). 『開宝本草』3)の記文は明らかにClematis属植物を記したものと思えることから1), 威霊仙が中国へもたらされて以後, 少くとも宋代初期, すなわち10世紀の後半迄はClematis属のテッセン節植物基源の威雲仙が使用されていたと想定しうる. 続きを見る
3.

論文

論文
御影, 雅幸 ; 難波, 恒雄
出版情報: 生薬学雑誌 = The Japanese journal of pharmacognosy.  37  pp.351-360,  1983-12-20.  日本生薬学会 = The Japanese Society of Pharmacognosy
URL: http://hdl.handle.net/2297/36587
概要: The Chinese crude drug "Weilingxian" has been used mainly as diuretic and antirheumatic remedies. There are va rious kinds of "Weilingxian" in the present markets, the botanical origins of the crude drugs are complicated. The first herbological description on "Weilingxian" appeared in "Kai Bao Ben Cao" (開宝本草) written in the Song (宋) dynasty of China. The complication in the botanical origin of "Weilingxian" is supposed to exist from old time. Though it has been regarded that the first botanical origin of "Weilingxian" was Veronicastrum sibiricum (L.) PENNELL of Scrophulariaceae, it remained unexplained. Through our herbological study, it was estimated that the first botanical origin of "Weilingxian" had might be the Clematis plant of Ranunculaceae, especially the species in Sect. Tessen of the genus. 漢薬「威霊仙」は扶風湿薬として, おもに神経痛やリウマチなどの治療に用いられる薬物である3). 威雲仙は『開宝本草』4)に初めて収載された薬物であるが, 早い時期から基源の混乱が認められ, 現在中国においても各地で多種基源の威霊仙が使用されている5). 現在各国市場に出廻っている威霊仙の主たる基源はキンポウゲ科のClematis属植物の地下部であるが6), 謝宗万7)や李家実ら8)の市場調査によると, Clematis属植物以外にもユリ科のSmilax属植物, センリョウ科のChloranthus(Sarcandra)属植物, キク科のAinsliaea属およびInula属植物などの地下部が威霊仙として市販されているとしている. またClematis属植物は東亜に多くの種が分布し, しかも形態の類似したものが多いことから, 威霊仙として使用されるものは多種にわたっている6-8). そこで威雲仙の古来の正品および基源植物の変遷を明確にする目的で, 古来の本草文献を考察し, また現在までに著者らが行った市場調査結果6, 9)および先人の市場調査結果7, 8, 10)などに基づき, 本草学的考証を行った. 本報では威雲仙の古来の正品について報告する. 続きを見る
4.

論文

論文
御影, 雅幸 ; 難波, 恒雄
出版情報: 生薬学雑誌 = The Japanese journal of pharmacognosy.  37  pp.342-350,  1983-12-20.  日本生薬学会 = The Japanese Society of Pharmacognosy
URL: http://hdl.handle.net/2297/36588
概要: In central Taiwan, Chinese crude drug "Weilingxian" (威霊仙) with big roots, i.e., more than 5 mm in diameter, is available. "Weilingxian" derived from the underground portion of Clematis chinensis OSBECK of Ranunculaceae, which has many fibrous roots, is used commonly in this country. The small roots and lateral roots in the crude drug have some similarities fundamentally to the root of Clematis species having fibrous roots. Therefore, to clarify the botanical origin of this crude drug, the comparative anatomical study was made on the crude drug and on the roots of Clematis uncinata CHAMP., C. alsomitrifolia HAYATA, C. tashiroi MAXIM., and C. leschenaultiana DC. and "those species have the similar roots to the crude drug in shape. The result shows that the botanical origin of "Weilingxian" from central Taiwan is C. uncinata. Moreover, "Weilingxian" from Fuchien (福建) of continental China is quite similar to the underground portions of these species, in shape. This crude drug proved to be the underground portion of Clematis alsomitrifolia anatomically.台湾産「威霊仙」の主たる基源植物は, キソポウゲ科のClematis chinensis OSBECKであるが3), 台湾中部で入手し得た商品は, 一株から出る根の本数が少く, 根の径が太いものであった. また入手し得た福建省産の威霊仙も同様の形態であった. これらの根の内部形態はひげ根状の根を有するClematis属植物とはかなり異っているが, 根の細い部位では類似しており, これらの市場品もClematis属植物基源のものと思われた. 『中葯志』4)によれば, 福建, 四川, 貴州および浙江の各省からはC. uncinata CHAMP. を基源とする威霊仙が出荷されるとされており, 入手した商品の外形はC. uncinataの地下部の形状に類似していた. そこでこれらの基源を明らかにする目的で, 中国南部および台湾に分布するClematis属植物の中で, 地下部の形状が商品と類似するC. uncinata, C. alsomitrifolia HAYATA, C. leschenaultiana DC, およびC. tashiroi MAXIM. の根を比較組織学的に検討した. 実験の部 材料 5)Clematis uncinata CHAMP. :台北県観音山, 1976年8月, (76026, 76027). 南投県埔里, 1976年8月, (76053, 76055, 76058). 花蓮県南山棧, 1976年8月, (76141). 南投県梅蜂, 1977年1月, (77033, 77044, 77046, 77051). Clematis alsomitrifolia HAYATA:沖縄県首里, 1975年8月, (6628). Clematis tashiroi MAXIM. :南投県渓頭, 1976年8月, (76075). 同, 1977年1月, (77030, 77032). 屏東県南仁山, 1976年8月, (76119, 76123). Clematis leschenaultiana DC. :南投県埔里鎮獅子頭, 1977年1月, (77057). 台湾中部産「威霊仙」:南投県埔里, 田國政薬頭店からの入手品, 1976年8月. 福建省産「威霊仙」:香港, 永大行からの入手品, 1977年8月.Clematis uncinata CHAMP. (Fig. 1) 続きを見る