1.

論文

論文
堀井, 洋 ; 林, 正治 ; 堀井, 美里 ; 高田, 良宏 ; 山地, 一禎 ; 上田, 啓未 ; 古畑, 徹
出版情報: 情報知識学会誌 = Journal of Japan Society of Information and Knowledge.  23  pp.298-302,  2013-01-01.  情報知識学会 = Japan Society of Information and Knowledge
URL: http://hdl.handle.net/2297/35255
概要: 地域学術資料の分野・組織の垣根を越えた横断的な情報共有を目的として、合同会社AMANE・金沢大学・国立情報学研究所・その他の研究者が中心となり学術資源リポジトリの構築を進めている。その一環として、明治~昭和戦前期の技術教育に使用された科学実 験機器資料情報の蓄積と共有を目指しており、本報告では それらを事例として、学術資源リポジトリの機能・人的・社会的な位置づけや課題等について論じる。 In recent year, social concern about exchanging and sharing of academic resources included non-bibliographic between universities is increasing. However, in actual situation, there are some problems about preservation and digitalization of academic resources. In this paper, a case study of scientific apparatuses since the Meiji era, we discuss about construction of repository for non-bibliographic. 続きを見る
2.

論文

論文
堀井, 洋 ; 林, 正治 ; 堀井, 美里 ; 上田, 啓未 ; 山地, 一禎 ; 高田, 良宏
出版情報: 情報知識学会誌 = Journal of Japan Society of Information and Knowledge.  26  pp.217-220,  2016-05-01.  情報知識学会 = Japan Society of Information and Knowledge
URL: http://hdl.handle.net/2297/45891
概要: Utilization and dissemination in the preservation and inheritance and society for the future of museum materials have be en demanded. We have been constructing academic resources repository to target Scientific Instruments and Wall Charts that created in the Meiji era, assigned DOI to each of the information. This paper describes about outline of academic resources repository and future prospects. 古文書や科学実験機器など所謂”博物資料”に関しては,将来に向けた保存・継承 とともに広く社会における活用や普及が求められている.発表者らは,これまで 明治・大正期の科学実験機器資料や教育掛図資料に関する博物資料情報をリポジトリ公開し,それらに対してデジタルオブジェクト識別子(DOI: Digital Object Identifier)を付与する試みを実施してきた.本発表では,その概要を紹介するとともに,社会における活用など今後の展望について述べる. 続きを見る
3.

論文

論文
宮本, 健弘 ; 笠原, 禎也 ; 高田, 良宏 ; 松平, 拓也 ; 林, 正治 ; 松木, 篤 ; 上田, 望 ; Miyamoto, Takehiro ; Kasahara, Yoshiya ; Takata, Yoshihiro, Yoshihiro ; Matsuhira, Takuya, Takuya ; Hayashi, Masaharu ; Matsuki, Atsushi ; Ueda, Nozomu
出版情報: 情報知識学会誌.  28  pp.306-309,  2018-12-08.  情報知識学会 = Beyond the Information Technology, JSIK
URL: http://hdl.handle.net/2297/00053841
概要: 金沢大学総合メディア基盤センター<br />近年のオープンサイエンスの活発化に伴い, 人間と機械の双方に可読性を持つリポジトリシステムの需要が高まっている. このような背景から, 本研究では, 国立情報学研究所が開発したWEKO を用いて, 金沢大学環日本海域環境研究センター及び同国際文化資源学研究センターのデータリポジトリの構築を行っている.従来, WEKO へのコンテンツの一括登録には, Windows でのみ動作するソフトウェアが必要であった. 我々は, ICT に精通しているとは限らないデータ所有者が, リポジトリ上のデータ管理を行えるように, OS に非依存なブラウザからファイルをアップロードするだけでコンテンツの一括登録に加え, メタデータやコンテンツの追加登録・更新等が可能なデータ管理システムを構築した. 特に更新機能では, 「更新フラグ」属性を用いて, コンテンツの世代管理とその公開方法の制御を可能にした. 本稿では両センターのデータリポジトリと構築したデータ管理システムの概要を述べる.<br />Along with the recent activation of open science, the demand for a repository system that is readable to both humans and machines is increasing. In this context, we constructed data repositories for Institute of Nature and Environmental Technology and Center for Cultural Resource Studies in Kanazawa University using WEKO, which is a repository platform developed by the National Institute of Informatics. In the original design of the WEKO, it is necessary to utilize software for Windows for batch registration of data contents. In the present study, we developed a new user interface for data management for data owners who are not familiar with ICT. By using this system, it is possible for data owners to operate a batch processing for additional registration, update of the registered contents and modication of the metadata simply by uploading a le via browser without depending on the OS. Particularly, it is innovative that out software supports revision control and data access control of the contents by setting "update ag"attribute. In this paper, we introduce the user interface developed for the data repositories in Kanazawa University. 続きを見る