1.

論文

論文
鯨, 幸夫
出版情報: 平成14(2002)年度科学研究費補助金 基盤研究(C)(2) 研究成果報告書 = 2002 Fiscal Year Final Research Report Summary.  1999-2002  pp.68p.-,  2003-03-01.  金沢大学教育学部
URL: http://hdl.handle.net/2297/46425
概要: 本研究では、水田の環境を保全しながら水稲の超多収を実現させる戦略について検討した。得られた結果の概要は以下の通りである。1)1992年に998kg/10aの超多収を示した長野県伊那市の農家水田で生育するコシヒカリを調査し解析した。伊那コシヒ カリの超多収性は、総根重、土壌表層根重の多さ、根の生理活性の高さに支えられた高い光合成速度と蒸散速度が背景にある。また、低水温の農業用水と土壌中の気相割合の多さも関係している。2)有機資材の連用により土壌中の腐植含有量は増加し、超多収を示した伊那コシヒカリと類似した根系形態を示すようになった。また、根の生理活性も高いことから、土壌への有機物連用は地力維持と環境保全への近道であると考えられた。3)コスト削減と外部環境に及ぼす影響を軽減するには、不耕起直播栽培や土中打込み点播方式も効果的である。また、LP肥料を用いたF1水稲品種の乾田不耕起直播栽培も北陸では有効であると考えられた。4)慣行的に施用されてきたN,R,K施肥の意味について、三要素継続試験から検討すると、三要素区、無P区、無K区での収量、根重、根の活力に有意な差が認められないことから、慣行的な施肥法を再考する必要性があることが明確となった。5)水稲の無農薬有機栽培の可能性について、コシヒカリBLを用いて検討した。再生紙マルチを用いて水稲を有機栽培すると575kg/10aの収量を示した。根系生育および根の生理活性は、超多収を示した伊那市のコシヒカリに近似していたことから、有機資材を用いて多収を実現することの可能性が示唆された。なお、畦畔にはアジュカ、イワダレソウを埴栽した。また、植物資材を利用した除草効果を検討したところ、米糠の利用が現実的であると判断された。6)2002年の伊那市の超多収コシヒカリの収量は800kg/10a以上を示した。<br />Grain yield of rice grown in Ina Held was comparatively high, and showed large root dry weight and high physiological root activities. Cytokinin content (t-ZR) in the bleeding sap of Koshihikari grown in Ina was high compared with the other fields. Accordingly, it may be considered that physiological root activity leads to high grain yield. A oil in Ina includes high rate of gas phase and high carbon content. Physical characteristics of the soil, that is high porosity content and high humus content, will affect the rise or fall of soil and water temperature. Effects of continuous fertilizer managements on the aboveground growth and root growth, physiological root activities and yield components of rice were discussed. Koshihikari grown with large amount of organic fertilizer applications had significantly smaller root dry weight and shallower root distribution than conventional management. Optimum management of organic fertilizers applications will be needed. F1 cultivars of rice, though extremely late maturing, showed good adaptabilities to no-tillage direct seeding with LP fertilizers use on well-drained paddy field in Hokuriku district N, P, K fertilizers were used very commonly as a conventional management Grain yield of no-phosphate application, no-Potash application and conventional plot with three major nutrient applications were discussed from the data of continuous 20 years experiments. There was no significant difference in the yield among the experiments. There was no significant difference in the root dry weigh and physiological root activities among the treatments. It is necessary to discuss if the conventional fertilizers application with three major fertilizers is need. Rice production of maximizing sustainable grain yields through environmental management of paddy field will be possible using compost or LP fertilizer and rice bran.<br />研究期間(年度):1999–2002, 研究課題/領域番号:11660015 続きを見る
2.

論文

論文
御影, 雅幸 ; 難波, 恒雄
出版情報: 生薬学雑誌 = The Japanese journal of pharmacognosy.  37  pp.334-341,  1983-12-20.  日本生薬学会 = The Japanese Society of Pharmacognosy
URL: http://hdl.handle.net/2297/36595
概要: The origin of Chinese crude drug "Weilingxian" (威霊仙), available in market, is mainly derived from the undergro und portions of Clematis plants. To clarify the botanical origin of "Weilingxian" from northeast China, comparative anatomical study was made on the crude drug and the roots of five Clematis species growing wild in northeast China. Our results show that two Clematis species were recognized as the botanical origins of "Weilingxian" from this district, one was C. anguslifolia JACQ., and the other seems to be a local variation of C. terniflora.現在の日本市場に出廻っている「威霊仙」は主として朝鮮半島産のものであるが3), 市場にはまれに中国東北部産と称されるものも出廻っている. 中国東北部産威雲仙の基源植物に関しては, 謝4)や李ら5)は「黒薇」の名でキンポウゲ科の(Clematis angustifolia JACQ. (=C. hezapetala PALL. )およびC. mandshurica RUPR. (=C. terniflora DC. )を挙げ, 謝はこれら以外にC. fusca TURCZ. , C. liotungensis KITAG. をもその基源とし, 『中葯志』6)ではC. mandshuricaをあてている, また『東北常用中草葯手冊』7)ではC. angustifolia, C. mandshuricaのほかに「鉄脚威霊仙」としてユリ科のSmilax sieboldii MIQ. を挙げ, さらに同書や『北方常用中草葯手冊』8)では「草本威霊仙」としてゴマノハグサ科のVeronica sibirica L. を記している. 今回入手し得た中国東北部産威雲仙は, その内部形態から明らかにClematis属植物基源のものとSmilax属植物基源のものが認められた. Clematis属植物基源の商品は1株から多数の細い根を出すものである. 植物分類地理学的に考察すると, 中国東北部産のClematis属植物9, 10)の中でそのような根を有すると考えられるものはC. terniflora, C. angustifolia, C. fusca, C. pantens MORR. et DECNE. , C. brachyura MAXIM. , C. ianthina KOEHNE, C. flavellata NAKAIなどである11). そこでこれらの植物の中で, 採集し得たC. flavellataを除く5種の根の内部構造を検討し, 商品と比較した. なおC. ternifloraについてはすでに報告したので1), 本報では商品および根の形状が類似したC. angustifolia, C. fuscaおよびC. ianthinaの根について記載し, C. patensについては内部形態的にこれらの種とはやや異なるので別報にて述べる. またSmilax属植物基源のものについても別報にて詳説する. 続きを見る
3.

論文

論文
御影, 雅幸 ; 難波, 恒雄
出版情報: 生薬学雑誌 = The Japanese journal of pharmacognosy.  37  pp.342-350,  1983-12-20.  日本生薬学会 = The Japanese Society of Pharmacognosy
URL: http://hdl.handle.net/2297/36588
概要: In central Taiwan, Chinese crude drug "Weilingxian" (威霊仙) with big roots, i.e., more than 5 mm in diameter, is available. "Weilingxian" derived from the underground portion of Clematis chinensis OSBECK of Ranunculaceae, which has many fibrous roots, is used commonly in this country. The small roots and lateral roots in the crude drug have some similarities fundamentally to the root of Clematis species having fibrous roots. Therefore, to clarify the botanical origin of this crude drug, the comparative anatomical study was made on the crude drug and on the roots of Clematis uncinata CHAMP., C. alsomitrifolia HAYATA, C. tashiroi MAXIM., and C. leschenaultiana DC. and "those species have the similar roots to the crude drug in shape. The result shows that the botanical origin of "Weilingxian" from central Taiwan is C. uncinata. Moreover, "Weilingxian" from Fuchien (福建) of continental China is quite similar to the underground portions of these species, in shape. This crude drug proved to be the underground portion of Clematis alsomitrifolia anatomically.台湾産「威霊仙」の主たる基源植物は, キソポウゲ科のClematis chinensis OSBECKであるが3), 台湾中部で入手し得た商品は, 一株から出る根の本数が少く, 根の径が太いものであった. また入手し得た福建省産の威霊仙も同様の形態であった. これらの根の内部形態はひげ根状の根を有するClematis属植物とはかなり異っているが, 根の細い部位では類似しており, これらの市場品もClematis属植物基源のものと思われた. 『中葯志』4)によれば, 福建, 四川, 貴州および浙江の各省からはC. uncinata CHAMP. を基源とする威霊仙が出荷されるとされており, 入手した商品の外形はC. uncinataの地下部の形状に類似していた. そこでこれらの基源を明らかにする目的で, 中国南部および台湾に分布するClematis属植物の中で, 地下部の形状が商品と類似するC. uncinata, C. alsomitrifolia HAYATA, C. leschenaultiana DC, およびC. tashiroi MAXIM. の根を比較組織学的に検討した. 実験の部 材料 5)Clematis uncinata CHAMP. :台北県観音山, 1976年8月, (76026, 76027). 南投県埔里, 1976年8月, (76053, 76055, 76058). 花蓮県南山棧, 1976年8月, (76141). 南投県梅蜂, 1977年1月, (77033, 77044, 77046, 77051). Clematis alsomitrifolia HAYATA:沖縄県首里, 1975年8月, (6628). Clematis tashiroi MAXIM. :南投県渓頭, 1976年8月, (76075). 同, 1977年1月, (77030, 77032). 屏東県南仁山, 1976年8月, (76119, 76123). Clematis leschenaultiana DC. :南投県埔里鎮獅子頭, 1977年1月, (77057). 台湾中部産「威霊仙」:南投県埔里, 田國政薬頭店からの入手品, 1976年8月. 福建省産「威霊仙」:香港, 永大行からの入手品, 1977年8月.Clematis uncinata CHAMP. (Fig. 1) 続きを見る