1.

図書

図書
平岩幹男著
出版情報: 東京 : 合同出版, 2015.11
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
伊藤久美編
出版情報: 京都 : ミネルヴァ書房, 2013.3
シリーズ名: 新しい発達と障害を考える本 ; 1
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
伊藤久美編
出版情報: 京都 : ミネルヴァ書房, 2014.1
シリーズ名: 新しい発達と障害を考える本 ; 5
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
前川久男, 梅永雄二, 中山健編
出版情報: [東京] : 日本文化科学社, 2013.3
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
綾屋紗月, 熊谷晋一郎著
出版情報: 東京 : 医学書院, 2008.9
シリーズ名: シリーズケアをひらく
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
三木裕和, 越野和之, 障害児教育の教育目標・教育評価研究会編著
出版情報: 京都 : クリエイツかもがわ, 2019.8
シリーズ名: 自閉症児・発達障害児の教育目標・教育評価 ; 1
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
三木裕和, 越野和之, 障害児教育の教育目標・教育評価研究会編著
出版情報: 京都 : クリエイツかもがわ, 2019.8
シリーズ名: 自閉症児・発達障害児の教育目標・教育評価 ; 2
所蔵情報: loading…
8.

論文

論文
目黒, 牧子 ; Meguro, Makiko
出版情報: 平成28(2016)年度 科学研究費補助金 基盤研究(C) 研究成果報告書 = 2016 Fiscal Year Final Research Report.  2014-04-01 – 2017-03-31  pp.4p.-,  2017-06-07. 
URL: http://hdl.handle.net/2297/00058934
概要: 金沢大学学際科学実験センター遺伝子研究施設<br />自閉症などの発達障害と診断される児童の数は年々増加傾向にある。近年の発達障害患者の全ゲノム解析により,MDB5(メチル化CpG結合ドメインタンパク質5)が欠失あるいは重複している症例が数 多く報告された。そこで,本研究では神経細胞におけるMBD5のターゲット遺伝子の同定を試みた。その結果,MBD5がmicroRNAやsnRNAなどのnon-coding RNAの発現制御に関わっている可能性が示唆された。<br />The incidence of autism spectrum disorders (ASD) has increased dramatically over the past decade. However, for at least 70% of ASD cases, the underlying genetic cause remain unknown.Recent whole-genome microarray studies have revealed that deletion or duplication at 2q23.1 includes MBD5, a methyl-DNA binding protein that is a causative gene of ASD. In this study, we first targeted the MBD5 gene in the SH-SY5Y cells, using two pairs of ZFNs. Then we examined the microarray analysis in MBD5+/- cells. The results indicates that MBD5 may have a crucial role of non-coding RNA expression.<br />研究課題/領域番号:26460409, 研究期間(年度):2014-04-01 – 2017-03-31 続きを見る
9.

論文

論文
田邊, 浩 ; Tanabe, Hiroshi
出版情報: 平成30(2018)年度 科学研究費補助金 基盤研究(B) 研究成果報告書 = 2018 Fiscal Year Final Research Report.  2014-04-01 - 2019-03-31  pp.6p.-,  2019-05-30.  金沢大学人間社会研究域人間科学系
URL: http://hdl.handle.net/2297/00053752
概要: 発達障害のある人びと,とりわけ発達障害のある成人に対する社会的支援は喫緊の社会的課題である.本研究は,日本においてより望ましい社会的支援を実現するための諸条件を探るために,異なった福祉レジームからスウェーデン,ドイツ,アメリカを選び,現地調 査を実施するなどして国際比較研究を行なった.福祉レジームの違いが,異なった社会的支援のあり方を生みだしながらも,他方で全体としてどの福祉レジームにおいても社会的包摂をより重視する方向に進んでいることが明らかになった.日本でも発達障害のある人びとへの社会的支援は急速に進められつつあるが,社会的包摂の観点はなお弱いということ浮き彫りにされた.<br />Social support for people with developmental disabilities, especially adults with developmental disabilities, is a pressing social issue. In this research, in order to search for various conditions for achieving more desirable social support in Japan, we carried out international comparative research by selecting Sweden, Germany, and the United States from different welfare regimes, and conducting field surveys, etc. . It has become clear that the differences in welfare regimes, while creating different ways of social support, are on the other hand moving towards more emphasis on social inclusion in all welfare regimes as a whole. Social support for people with developmental disabilities is rapidly advancing in Japan, but it has been emphasized that the social inclusion perspective is still weak.<br />研究課題/領域番号:26285109, 研究期間(年度):2014-04-01 - 2019-03-31<br />出典:研究課題「発達障害者の社会的排除に関するシステム論的解明と社会的包摂に向けた国際比較研究」課題番号26285109(KAKEN:科学研究費助成事業データベース(国立情報学研究所)) (https://kaken.nii.ac.jp/report/KAKENHI-PROJECT-26285109/26285109seika/)を加工して作成 続きを見る