著者典拠情報

標目形:
村上, 陽一郎(1936-)||ムラカミ, ヨウイチロウ
属性:
Personal
場所:
東京
日付:
1936
から見よ参照形:
Murakami, Yoichiro
Murakami, Yōitirō
注記:
東京大学先端科学技術研究センター教授 (科学史・科学基礎論)
専門: 科学史・科学哲学
訳書: P.M.チャーチランド「心の可塑性と実在論」
PLACEの追加は監修書「未来への技術」 (平凡社, 1992): 監修者略歴の記述より
「講座進化. 2 進化思想と社会」 (東京大学出版会, 1991.9)
国際基督教大学大学院教授
EDSRC:時間と空間の哲学 / イアン・ヒンクフス著 ; 村上陽一郎, 熊倉功二訳 (紀伊國屋書店, 2002.6)の奥付より(国際基督教大学大学院教授)を追加
著者典拠ID:
DA00039811


1.

図書

図書
L.ローダン著 ; 村上陽一郎, 井山弘幸共訳
出版情報: 東京 : サイエンス社, 1986.5
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
イムレ・ラカトシュ著 ; 村上陽一郎 [ほか] 共訳
出版情報: 東京 : 新曜社, 1986.6
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
ドルトン[著] ; 村上陽一郎編集 ; 井山弘幸翻訳
出版情報: 東京 : 朝日出版社, 1988.7
シリーズ名: 科学の名著 / 伊東俊太郎 [ほか] 編 ; 第2期 6(16)
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
ドルトンの時代 村上陽一郎著
ドルトンの生涯とその科学思想 井出弘幸著
化学哲学の新体系
気象観測および論文集
色覚に関する異常な事実 : 観察記録
熱の零点、温度勾配および密度が高いか非弾性的な流体が熱のため膨張する際の法則に関する観察を含む書簡
大気を構成する種々の気体または弾性流体の割合についての実験研究
弾性流体の相互拡散の傾向について
水および他の液体による気体の吸収について
近年の化学書の著者が使用している粒子なる語の意味、および他の用語や言葉づかいに関する論考
ボストック博士による化学の原子論的原理に関する見解についての考察
呼吸と動物熱について
化学比例の原因に関するベルツェリウス博士の論文に対する意見
ドルトンの時代 村上陽一郎著
ドルトンの生涯とその科学思想 井出弘幸著
化学哲学の新体系