著者典拠情報

標目形:
伊藤, 唯真(1931-)||イトウ, ユイシン
属性:
Personal
場所:
滋賀
日付:
1931
から見よ参照形:
Itō, Yuishin
Itō, Yuisin
注記:
文学博士・佛教大学文学部教授
「仏教年中行事」の編者
著者典拠ID:
DA00405895


1.

図書

図書
伊藤唯真編
出版情報: 東京 : 吉川弘文館, 2005.1
シリーズ名: 日本の名僧 ; 5
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
伊藤唯真著
出版情報: 東京 : 吉川弘文館, 1981.6
シリーズ名: 日本宗教史研究叢書 / 笠原一男監修
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
伊藤唯真編
出版情報: 東京 : 雄山閣出版, 1984.7
シリーズ名: 民衆宗教史叢書 ; 第11巻
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
伊藤唯真編
出版情報: 東京 : 名著出版, 1986.10
シリーズ名: 仏教民俗学大系 ; 6
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
伊藤唯真, 玉山成元編
出版情報: 東京 : 吉川弘文館, 1985.2
シリーズ名: 日本仏教宗史論集 ; 5
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
伊藤唯真, 玉山成元編
出版情報: 東京 : 吉川弘文館, 1982.10
シリーズ名: 日本名僧論集 ; 第6巻
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
黒谷別所と法然 菊地勇次郎著
法然上人の捨聖帰浄について : 回心と聖道門との関係 福井康順著
法然上人撰述浄土三部経末疏の成立前後に就て : 選択集を定点として見たる思想史的考察 大橋俊雄著
法然教成立の歴史的背景 舟ケ崎正孝著
法然と永観 井上光貞著
法然の戒律観 石田瑞麿著
法然上人における逆修について 大谷旭雄著
俗信に対する法然上人の教示 佐々木徹真著
法然とその教団について 石田充之著
九条兼実における法然教受容過程 高橋正隆著
隆寛の立場 松野純孝著
源空教団と念仏停止 吉田清著
初期浄土宗教団の社会的特質 伊藤唯真著
法然伝の諸問題 田村円澄著
法然上人の浄土開宗の年時に関する諸説とその批判 : 承安五年開宗説の解明 香月乗光著
清涼寺所蔵の源空自筆書状について 斎木一馬著
一枚起請文について 玉山成元著
法然上人の「三昧発得記」の研究 : 醍醐・報恩院本を中心として 嵐瑞澂著
『愚管抄』の再検討 : 源空伝史料として 赤松俊秀著
平家物語における源空の説法 渡辺貞麿著
黒谷別所と法然 菊地勇次郎著
法然上人の捨聖帰浄について : 回心と聖道門との関係 福井康順著
法然上人撰述浄土三部経末疏の成立前後に就て : 選択集を定点として見たる思想史的考察 大橋俊雄著
7.

図書

図書
伊藤唯真編
出版情報: 京都 : 法藏館, 2002.10
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
近世和州村落寺院の仏教行事 : 坂合部郷念仏寺の修正会について 豊島修著
頭役制祭祀儀礼の民俗誌的研究 : 竹生島宝厳寺蓮華会の頭役差定を事例として 橋本章著
オコナイにみる荘厳 : 西日本の年頭行事にみるお鏡飾りを中心に 中島誠一著
奈良県の宮座研究の覚書き : 宮座の祭礼と寺院との関係 浦西勉著
西播磨の当屋祭祀 : 宍粟郡山崎町川戸を事例として 八木透著
民俗誌的視点からみた宮座 : 京都市左京区花背八桝のミヤザシキの場合 政岡伸洋著
沖縄の御嶽草創由来にみる精霊信仰 赤田光男著
霊水と薬師信仰 : 冷水と温水を中心に 大森惠子著
白山平泉寺にみる虚空蔵信仰 : 越前における白山信仰圏との関係 中村雅俊著
神社境内に掛けられる勧請縄 : 近世日吉社の事例を中心として 和田光生著
三河万歳の「場」と「芸」 斎藤卓志著
中山寺の観音信仰の広がり : 西宮市上鳴尾町にある観音寺の本尊を中心として 井阪康二著
樹木葬と二十一世紀の葬墓の行方 藤井正雄著
小野篁と地蔵信仰と閻魔王宮 田中久夫著
死体の民俗誌 : 腐る死体と霊魂 野沢謙治著
複檀家制の社会背景と展開 : 近世越後における檀論と法令 森本一彦著
真宗門徒の葬送儀礼 : 墓上植樹との関連から 本林靖久著
社地と聖地 上井久義著
「貴船のささ神輿」考 山路興造著
「見る」から「花見」へ 鳥越皓之著
天社神道廃止令と土御門家配下の動向 林淳著
盆行事の贈与交換 佐々木康人著
炭鉱労働と宗教的伝承 : 危険労働にかかわる俗信・信仰を中心に 若林良和著
竹田聴洲の民俗学とその思想的背景 岸田史生著
近世和州村落寺院の仏教行事 : 坂合部郷念仏寺の修正会について 豊島修著
頭役制祭祀儀礼の民俗誌的研究 : 竹生島宝厳寺蓮華会の頭役差定を事例として 橋本章著
オコナイにみる荘厳 : 西日本の年頭行事にみるお鏡飾りを中心に 中島誠一著
8.

図書

図書
伊藤唯真編
出版情報: 京都 : 法藏館, 2002.10
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
法隆寺一切経と『貞元新定釈教目録』 宮崎健司著
甲賀宮・甲賀寺と近江国分寺 中井真孝著
寺院配置からみる大津宮遷都 葛野泰樹著
最澄と一切経 牧伸行著
院政期の松尾社における一切経供養をめぐって 中尾堯著
天満天神信仰の成立と変遷 : 鎮国と衆生守護 今堀太逸著
「厭離穢土」考 : 摂関期浄土教をめぐる諸問題 笹田教彰著
『扶桑略記』と末法 佐々木令信著
報恩蔵の一切経について 落合俊典著
鎌倉における顕密仏教の展開 平雅行著
重源・鑁阿と勧進の思想 原田正俊著
仏師快慶とその信仰圏 青木淳著
法然上人の生誕地について 吉田清著
證空の造形芸術と信仰 中西随功著
中世山門史料と善導 善裕昭著
『方丈記』の深層 : 身体性の視点から 池見澄隆著
中世仏教における本尊概念の受容形態 早島有毅著
古代・中世における別所寺院をめぐって : 二形態の別所寺院の経営と寺僧・聖による仏教信仰の流布を中心に 奥野義雄著
中世の浄華院と金戒光明寺 中野正明著
地域権力と寺社 : 陣所を訪ねる人々 貝英幸著
中世における寺社参詣と「穢」 野地秀俊著
豊臣秀吉と大徳寺 竹貫元勝著
豊臣期所司代の寺社に対する職掌について : 前田玄以発給文書の分析 伊藤真昭著
本願寺末寺年中行事の成立と意味 草野顕之著
檀家制度の成立過程 : 熊本藩領を中心として 圭室文雄著
徳川王権始祖神話の論理と性格 : 『松平崇宗開運録』の論理 大桑斉著
近世における修験僧の自身引導問題について : とくに武蔵の事例を中心に 宇高良哲著
近世の念仏聖・大日比三師の福祉思想 長谷川匡俊著
真宗者による初期部落差別撤廃運動とその限界 : 山口県の場合 児玉識著
山口講学場の教学と経営 : 山口県文書館所蔵の史料を中心に 野田秀雄著
花岡大学著『妙好人清九郎』の周辺 : 「玉潭師消息」 朝枝善照著
教化立体紙芝居の成立 木場明志著
法隆寺一切経と『貞元新定釈教目録』 宮崎健司著
甲賀宮・甲賀寺と近江国分寺 中井真孝著
寺院配置からみる大津宮遷都 葛野泰樹著