著者典拠情報

標目形:
新井, 浩文(1962-)||アライ, ヒロブミ
属性:
Personal
日付:
1962
から見よ参照形:
Arai, Hirobumi
注記:
SRC:河川をめぐる歴史像 : 境界と交流 / 地方史研究協議会編 (雄山閣出版, 1993.10) 執筆者紹介の記述:新井浩文(あらい ひろぶみ)1962年生まれ。現在、埼玉県文書館学芸員
著者典拠ID:
DA07913260


1.

図書

図書
地方史研究協議会編
出版情報: 東京 : 雄山閣出版, 1993.10
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
国文学研究資料館編
出版情報: 東京 : 勉誠出版, 2017.3
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
民間所在の記録史料と戦後の「国立史料館」構想 大友一雄執筆
「地方消滅」論と民間アーカイブズ 渡辺浩一執筆
民間アーカイブズの保存活用を巡る法的課題 : 調査・収集を中心に 早川和宏執筆
公共記録としての民間文書 : 地域共同体再生論 加藤聖文執筆
北海道所在の民間アーカイブズの特質 : 分割管理された「移住持込文書」の伝来と意義 工藤航平執筆
地域災害史の検証と必要となる史料の姿 平井義人執筆
防衛研究所所蔵陸海軍「一般史料」について 菅野直樹執筆
地方文書館の役割と民間アーカイブズ : 地方創生に向けた新たな取り組みを目指して 新井浩文執筆
地域史料所在調査と自治体文書館の役割 : 広島県の事例をもとに 西向宏介執筆
地域資料調査の課題と市民協働活動 : 資料整理ボランティアを考える 長谷川伸執筆
兵庫県丹波市内での民間所在史料の保存と活用について 松下正和執筆
民間アーカイブズの保全と地域連携 : 東京都多摩地域での取り組みを事例に 太田尚宏執筆
静岡県南伊豆町地域の民間所在資料の保全 : 「物語」を構成すること 西村慎太郎執筆
民間所在の記録史料と戦後の「国立史料館」構想 大友一雄執筆
「地方消滅」論と民間アーカイブズ 渡辺浩一執筆
民間アーカイブズの保存活用を巡る法的課題 : 調査・収集を中心に 早川和宏執筆