著者典拠情報

標目形:
竹村, 英樹(1963-)||タケムラ, ヒデキ
属性:
Personal
場所:
東京
日付:
1963
注記:
慶應義塾大学教職課程センター専任講師(1998.12現在)
専攻: 教育社会学, 社会調査論
SRC:近代日本社会学者小伝 : 書誌的考察 / 川合隆男, 竹村英樹編(勁草書房, 1998.12)
著者典拠ID:
DA11784092


1.

図書

図書
川合隆男, 竹村英樹編
出版情報: 東京 : 勁草書房, 1998.12
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
L.シャッツマン, A.L.ストラウス著 ; 川合隆男監訳 ; 竹村英樹 [ほか] 共訳
出版情報: 東京 : 慶應義塾大学出版会, 1999.6
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
浜日出夫, 有末賢, 竹村英樹編著
出版情報: 東京 : 慶應義塾大学出版会, 2013.3
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
戦後被爆者調査の社会調査史 有末賢 [執筆]
中鉢正美「生活構造論」の展開と二つの「被爆者生活史調査」 竹村英樹 [執筆]
「長崎」をめぐる記憶の回路 : 「企業と原爆」調査の検討を中心に 高山真 [執筆]
爆心地復元調査が描いたコミュニティ : 湯崎稔と集団参与評価法 松尾浩一郎 [執筆]
慰霊行為としての原爆被災復元調査 : 長崎市民・行政による爆心地復元調査活動のはじまりとその展開 深谷直弘 [執筆]
原爆問題と被爆者の人生に関する研究の可能性 : R.J.リフトンのヒロシマ研究とそれに対するさまざまな反応をめぐって 八木良広 [執筆]
広島修道大学「被爆体験」調査における〈生者と死者〉 : 死者と向き合う二つのあり方 木村豊 [執筆]
被爆体験をめぐる調査表現とポジショナリティ : なんのために,どのように表現するのか 小倉康嗣 [執筆]
結びにかえて : 「われわれはすべてヒロシマの生存者である」 浜日出夫 [執筆]
戦後被爆者調査の社会調査史 有末賢 [執筆]
中鉢正美「生活構造論」の展開と二つの「被爆者生活史調査」 竹村英樹 [執筆]
「長崎」をめぐる記憶の回路 : 「企業と原爆」調査の検討を中心に 高山真 [執筆]