著者典拠情報

標目形:
澤, 博勝||サワ, ヒロカツ
属性:
Personal
場所:
兵庫県
日付:
1962
から見よ参照形:
沢, 博勝(1962-)||サワ, ヒロカツ
Sawa, Hirokatsu
Sawa, Hirokatu
注記:
福井県立博物館主査学芸員
SRC:近世の宗教組織と地域社会 : 教団信仰と民間信仰 / 澤博勝著 (吉川弘文館, 1999.11)
EDSRC:民衆の「知」と宗教 / 澤博勝編, 高埜利彦編 (吉川弘文館, 2008.9) の奥付によってSFフィールド (Sawa, Hirokatsu) を追加
著者典拠ID:
DA12325818


1.

図書

図書
澤博勝著
出版情報: 東京 : 吉川弘文館, 2008.1
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
澤博勝著
出版情報: 東京 : 吉川弘文館, 1999.11
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
澤博勝, 高埜利彦編
出版情報: 東京 : 吉川弘文館, 2008.9
シリーズ名: 近世の宗教と社会 ; 3
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
由谷裕哉, 時枝務編著
出版情報: 東京 : 角川学芸出版 , 東京 : 角川グループパブリッシング (発売), 2010.3
シリーズ名: アカデミック・ライブラリー
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
草莽の学の再構築に向けて 由谷裕哉著
地域を知ることとその時代性 : 郷土史の目的と担い手に関するスケッチ 澤博勝著
富士信仰の外聞 : 近世・近代における評価 大谷正幸著
阿蘇という時空間の設定 : 神話から郷土誌へ 柏木亨介著
神話から民俗へ : 南加賀の一祭祀の中世・近世・近代 向井英明著
近代国学と郷土史 藤田大誠著
神・天皇・地域 : 阿波忌部をめぐる歴史認識の展開 長谷川賢二著
「名前」の争いの近代 : 武蔵国式内社における郷土史叙述の特質 渡部圭一著
顕彰される仏法興隆の聖地 : 館残翁の加賀大乗寺史研究について 由谷裕哉著
「郷土」へのまなざしの生成 山口正博著
郷土地理研究と農村社会学 : 鈴木理論の形成過程におけるパトリック・ゲデス 石井清輝著
実学としての郷土史 : 今井善一郎の郷土史構想 時枝務著
郷土の偉人像の構築と郷土史 : 峨山韻碩と峨山道を事例として 市田雅崇著
近代の偽書『東日流外三郡誌』の生成と郷土史家 藤原明著
郷土史家の声、民俗学者の耳 : 「不適格な話者」としての郷土史家 飯倉義之著
草莽の学の再構築に向けて 由谷裕哉著
地域を知ることとその時代性 : 郷土史の目的と担い手に関するスケッチ 澤博勝著
富士信仰の外聞 : 近世・近代における評価 大谷正幸著