著者典拠情報

標目形:
深田, 智(1970-)||フカダ, チエ
属性:
Personal
場所:
静岡県
日付:
1970
から見よ参照形:
Fukada, Chie, 1970-
注記:
VIAF ID: 119922300 (個人)
SRC:概念化と意味の世界 : 認知意味論のアプローチ / 深田智, 仲本康一郎著 (研究社, 2008.5) の奥付による
1998年, 京都大学人間・環境学研究科博士課程修了
博士 (人間・環境学)
聖トマス大学人間文化共生学部 (人間発達科学) 准教授
EDSRC:http://viaf.org/viaf/119922300, (accessed 2018-09-24)
EDSRC:動的語用論の構築へ向けて / 田中廣明 [ほか] 編(開拓社, 2020.7): 執筆者紹介 (深田智 (ふかだ ちえ) 京都工芸繊維大学基盤科学系教授. 専門は, 認知意味論, 言語習得, 子ども学)
著者典拠ID:
DA16295184


1.

図書

図書
児玉一宏, 谷口一美, 深田智編著
出版情報: 京都 : ミネルヴァ書房, 2020.9
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
ロナルド・W・ラネカー著 ; 碓井智子 [ほか] 訳
出版情報: 東京 : 研究社, 2011.5
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
深田智, 仲本康一郎著
出版情報: 東京 : 研究社, 2008.5
シリーズ名: 講座認知言語学のフロンティア / 山梨正明編 ; 3
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
田中廣明 [ほか] 編
出版情報: 東京 : 開拓社, 2020.7
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
過去分詞givenに見る談話的用法への変遷について 早瀬尚子 [著]
Having said that構文と談話機能 : 周辺部の観点から 大橋浩 [著]
19世紀前半のドイツの会話文における「親密」「疎遠」「敬意」 : ドラマの台詞とベートーヴェンの筆談帳を資料として 佐藤恵 [著]
「なので」が接続詞化するまで 尾谷昌則 [著]
話し手の知的信頼度の理解 : 暗黙的・明示的な理解およびオンラインとオフラインの理解の比較 松井智子 [著]
身体表現活動セッションでの指導者と子どもたちとのインタラクションとその変遷 : 相互適応の観点から 深田智 [著]
方向指示と空間参照枠 小島隆次 [著]
アイデンティティ・ワークとスタンスの多層性 : からかいのプレイから 高梨博子 [著]
発話頭の「ハ」成立の動機付け : 動的文法観に基づく一考察 堀内ふみ野, 中山俊秀 [著]
グライスの枠組みの動的な運用方法と失言が不適切な理由 西田光一 [著]
構文語用論Constructional Pragmaticsの可能性 : 語用論が切り開く構文研究の新たな地平 吉川正人 [著]
心理的文脈と前提に関する動的語用論的研究 加藤重広 [著]
過去分詞givenに見る談話的用法への変遷について 早瀬尚子 [著]
Having said that構文と談話機能 : 周辺部の観点から 大橋浩 [著]
19世紀前半のドイツの会話文における「親密」「疎遠」「敬意」 : ドラマの台詞とベートーヴェンの筆談帳を資料として 佐藤恵 [著]