>> Google Books
QRコード(所蔵情報)

映画で考える生命環境倫理学

フォーマット:
図書
責任表示:
吉川孝, 横地徳広, 池田喬編著
言語:
日本語
出版情報:
東京 : 勁草書房, 2019.2
形態:
ix, 196, vip : 挿図 ; 21cm
著者名:
目次情報:
映画とともに思考するとき 吉川孝著
『2001年宇宙の旅』にみる「人間の条件」 信太光郎著
ナヴィのように「見ることを学ぶ」ことができるか : 『アバター』と生命環境を知ることの倫理 池田喬著
クローン人間と臓器移植をめぐる物語 : 映画『わたしを離さないで』から生命倫理を考える 瀧将之著
人型ロボットは愛することができるか : キューブリック/スピルバーグ『A.I.』論 渡名喜庸哲著
人はAIと恋愛することができるのだろうか : 『her/世界でひとつの彼女』と『エクス・マキナ』を題材に 山田圭一著
生命環境倫理学とは何か : 生命圏と技術圏 横地徳広著
「手」が創設する倫理 : 『この世界の片隅に』から考える人間と環境の関わり 佐藤香織著
カタストロフィを語る哲学と映画 : 『君の名は。』が描く「災後」の「時間」 渡名喜庸哲著
〈絶対戦争〉後の世界を考えること : 『風の谷のナウシカ』とわれわれ 横地徳広著
食べること、人間であること、生き残ること : 『ソイレント・グリーン』を手がかりに 吉川孝著
なぜ映画で倫理学なのか 池田喬著
映画とともに思考するとき 吉川孝著
『2001年宇宙の旅』にみる「人間の条件」 信太光郎著
ナヴィのように「見ることを学ぶ」ことができるか : 『アバター』と生命環境を知ることの倫理 池田喬著
クローン人間と臓器移植をめぐる物語 : 映画『わたしを離さないで』から生命倫理を考える 瀧将之著
人型ロボットは愛することができるか : キューブリック/スピルバーグ『A.I.』論 渡名喜庸哲著
人はAIと恋愛することができるのだろうか : 『her/世界でひとつの彼女』と『エクス・マキナ』を題材に 山田圭一著
続きを見る
書誌ID:
BB2773714X
ISBN:
9784326102730 [432610273X]  CiNii Books  Webcat Plus  Google Books
子書誌情報
Loading
所蔵情報
Loading availability information
タイトル・著者・出版者が同じ資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

吉川, 孝(1974-), 横地, 徳広(1972-), 池田, 喬(1977-)

弘前大学出版会

工藤, 和男(1950-)

晃洋書房

徳永, 哲也(1959-)

世界思想社

金子, 章道(1938-), 金内, 雅夫(1953-), 河野, 由美(心理学), 島, 恒生

ナカニシヤ出版

徳永, 哲也(1959-)

ナカニシヤ出版

松木, 真一(1944-), 加藤, 知, 早藤, 貴範, 矢倉, 達夫, 松木, 純也

関西学院大学出版会

垂水, 雄二(1942-)

八坂書房

清水, 哲郎(1947-)

放送大学教育振興会

高橋, 広次(1948-)

勁草書房

岡本, 裕一朗(1954-)

ナカニシヤ出版

吉川, 成美(1969-), 上廣倫理財団

清水弘文堂書房