Blank Cover Image

心的外傷後ストレス障害(トラウマ)発症の分子機構解明に関する研究

フォーマット:
論文
責任表示:
米田, 幸雄 ; Yoneda, Yukio
言語:
日本語
出版情報:
金沢大学大学院自然科学研究科, 2004-03
著者名:
掲載情報:
平成15(2003)年度 科学研究費補助金 基盤研究(B) 研究成果報告書 = 2003 Fiscal Year Final Research Report
巻:
2001-2003
開始ページ:
45p.
バージョン:
author
概要:
成熟脳においても脳室下帯や海馬歯状回においては、発達脳の場合と同様に神経系前駆細胞が存在して、ニューロン新生が行われることが明らかとなっている。したがって、成熟マウス海馬歯状回に発現する神経系前駆細胞のストレス負荷に伴う影響について、新規DNA合成の指標となる、5-bromo-2-deoxyuridine (BrdU)の取り込み活性により検討を行った。その目的で、成熟Std-ddY系雄性マウスを金属製のストレスケージにより拘束して、25℃の水浴中に鎖骨下まで各時間浸してストレ ス負荷を行った。胃粘膜に対するストレス負荷の影響は検鏡により確認した。BrdU(50mg/kg)は、ストレス3時間負荷直後と12時間後に合計2回腹腔内投与した。最初のBrdU投与から24時間後に、4%パラホルムアルデヒド液を用いて動物の灌流固定を行ったのち、厚さ50μm凍結海馬冠状切片を作成し、BrdU抗体を用いて免疫組織化学法を行った。両側の海馬におけるsubgranular layerおよびhilus内のBrdU陽性細胞数、クラスター形成細胞数、およびクラスター数をそれぞれ計測して定量化した。その結果、動物へのストレス負荷時間の長さに依存して、激しい出血性胃粘膜傷害が認められた。成熟マウス脳海馬歯状回では、顆粒細胞層および側脳室下帯においてそれぞれBrdU陽性細胞が検出されたが、海馬歯状回において観察された陽性細胞数はBrdU投与後時間経過に伴って減少した。動物にストレスを3時間負荷すると、海馬歯状回で検出されたBrdU陽性細胞数、クラスター形成細胞数、およびクラスター数は、いずれも対照群に比べて有意に減少した。以上の結果から、成熟動物へのストレス負荷は、海馬歯状回に発現する神経系前駆細胞の増殖能を抑制する可能性が示唆される。<br />The present study deals with evaluation of molecular mechanisms associated with crisis of the posttraumatic disorder often seen with subjects in severe stressful situations. Patients would recall the stressful experience they had before months and years later. This could involve long-term consolidation of transient signals through modulation of de novo synthesis of particular target proteins at the level of gene transcription in the brain. Transcription factors are nuclear proteins with high affinity for a particular core nucleotide sequence to modulate the activity of RNA polymerase II that is responsible for the formation of mRNA from genomic DNA in the nucleus. Animals were subjected to cold and immobilization stress for different periods, followed by dissection of discrete central and peripheral structures and subsequent preparation of nuclear extracts for determination of DNA binding activity of different transcription factors. A marked increase was seen in DNA binding activities of activator protein-1(AP1) and cyclic AMP responsive element binding protein (CREB) in the rat hypothalamus, pituitary and adrenal glands, but not in the cerebral neocortex, hippocampus and striatum. By contrast, cold and immobilization stress induced a significant decrease in the number of clusters formed by cells immunoreactive to 5-bromo-deoxyuridine(BrdU) in the granular layer of the dentate gyrus in mouse hippocampus. These results suggest that severe stressful situation would lead to attenuation of adult neurogenesis through modulation of gene expression by transcription factors in the brain. Search for the target genes is undoubtedly of great importance for the therapy and treatment of posttraumatic disorder in human beings.<br />研究課題/領域番号:13470487, 研究期間(年度):2001-2003<br />出典:「心的外傷後ストレス障害(トラウマ)発症の分子機構解明に関する研究」研究成果報告書 課題番号13470487 (KAKEN:科学研究費助成事業データベース(国立情報学研究所))   本文データは著者版報告書より作成 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/00050072
タイトル・著者・出版者が同じ資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

金, 吉晴(1958-), 飛鳥井, 望(1952-), 加藤, 寛, 廣幡, 小百合, 小西, 聖子(1954-), 綱島, 浩一, &hellip;

星和書店

田中, 雅一(1955-), 松嶋, 健

京都大学学術出版会

飛鳥井, 望(1952-)

最新医学社

佐々木, 敏彦, 皆川, 宣明, 森井, 幸生, 新村, 信雄, 広瀬, 幸雄, Sasaki, Toshihiko, Minakawa, Nobuaki, Morii, Yukio, Hirose, Yukio

日本機械学会 The Japan Society of Mechanical Engineers

細澤, 仁

みすず書房

Sugiyama, Chie, Nakamichi, Noritaka, Ogura, Masato, Honda, Eriko, Maeda, Sayaka, Taniura, Hideo, Yoneda, Yukio

Elsevier

金, 吉晴(1958-)

じほう

Kain, Kathy L., Terrell, Stephen J., 花丘, ちぐさ, 浅井, 咲子

岩崎学術出版社

Najavits, Lisa M, 浅田, 仁子, 近藤, あゆみ, 松本, 俊彦

金剛出版