Blank Cover Image

糖尿病臓器合併症の個別化医療にむけた抗エリスロポエチン受容体抗体の基礎臨床的検討

フォーマット:
論文
責任表示:
和田, 隆志 ; Wada, Takashi
言語:
日本語
出版情報:
2017-05-29
著者名:
掲載情報:
平成28(2016)年度 科学研究費補助金 基盤研究(B) 研究成果報告書 = 2016 Fiscal Year Final Research Report
巻:
2014-04-01 - 2017-03-31
開始ページ:
6p.
バージョン:
author
概要:
金沢大学医薬保健研究域医学系<br />本研究では、エリスロポエチン(EPO)とその受容体EPORを介する臓器合併症、ことに腎症の機序解明を目指し、糖尿病臓器合併症の共通進展機序である炎症、線維化に着目した。ヒト培養血管内皮細胞を用いて高糖,EPO投与有無による網羅解析とそこから得られる特異的応答分子機構を検討した。新規パスウェイとしてthioredoxin interacting proteinなどインフラマゾーム活性化につながる経路を同定した。一方、EPO投与 により炎症、線維化シグナル、サイトカイン発現の低下を確認した。これらより、EPOはその受容体を介して、炎症、線維化カスケードの制御を行い病態に影響を与えている可能性がある。<br />Diabetic nephropathy is a leading cause of end-stage kidney disease requiring renal replacement therapy in the world. Therefore, it is of importance to examine the pathogenesis of progressive organ involvement in diabetic condition. Thus far, the presence of anemia is an independent risk factor for the progression of diabetic nephropathy. In this study, we focused on the role of erythropoietin (EPO) and its receptor (EPOR), which are closely related to anemia in kidney diseases, especially in the inflammatory processes during the progression of diabetic nephropathy. Endothelial cells express inflammatory and fibrotic mediators through the activation of inflammasome in response to high glucose conditions, which could be modulated by the presence of EPO. These results suggest that EPO-EPOR axis may play a role in the pathogenesis of diabetic nephropathy.<br />研究課題/領域番号:26293127, 研究期間(年度):2014-04-01 - 2017-03-31 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/00050732
タイトル・著者・出版者が同じ資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

原, 章規, Hara, Akinori

金沢大学医薬保健研究域医学系

矢野, 聖二, Yano, Seiji

金沢大学がん進展制御研究所

原, 章規, Hara, Akinori

金沢大学医薬保健研究域医学系

藤木, 明子, Fujiki, Akiko

金沢大学附属病院皮膚科

和田, 隆志, Wada, Takashi

金沢大学医薬保健研究域医学系

小坂, 健夫

金沢大学がん進展制御研究所 = Cancer Research Institute of Kanazawa University

吉川, 弘明, Yoshikawa, Hiroaki

金沢大学保健管理センター