Blank Cover Image

末梢体内時計障害の病態生理学的意義の解明と治療法の開発

フォーマット:
論文
責任表示:
安藤, 仁 ; Ando, Hitoshi
言語:
日本語
出版情報:
2018-05-28
著者名:
掲載情報:
平成29(2017)年度 科学研究費補助金 基盤研究(C) 研究成果報告書 = 2017 Fiscal Year Final Research Report
巻:
2015-04-01 - 2018-03-31
開始ページ:
5p.
バージョン:
author
概要:
金沢大学医薬保健研究域医学系<br />体内時計は糖・脂質代謝など様々な生理機能の恒常性維持に重要な役割を果たしていることが、臓器特異的時計遺伝子欠損マウスの解析などにより示唆されている。しかし、正常に機能する体内時計が障害された場合の影響、特に肝や脂肪組織などの末梢時計障害の影響は、十分に解明されていない。本研究では、正常マウスを用い、照明条件あるいは給餌時刻を変更することにより、全身性および末梢特異的体内時計障害モデルをそれぞれ開発した。両モデルとも摂餌量は低 下するにもかかわらず体重への影響は認めず、前者では耐糖能の悪化も認めた。このことより、中枢時計と末梢時計はどちらも代謝の調節に重要な役割を果たしていることが示された。<br />The results of studies using tissue-specific clock gene knock out mice etc. suggest that circadian clocks play a significant role in maintaining homeostasis of various physiological functions including glucose and lipid metabolisms. However, it remains to be seen what happens if circadian clocks (in particular, peripheral clocks) are disrupted in bodies with innately intact clocks. In this study, we've developed the models of systemic and peripheral tissues-specific disruption of circadian clocks by changing the light/dark cycle or feeding time, respectively, using normal mice. Consequently, decreased food intake without change in body weight was found in both the models, and impaired glucose tolerance was seen in the systemic model. These results suggest that both central and peripheral clocks play an important role in regulating metabolisms.<br />研究課題/領域番号:15K08594, 研究期間(年度):2015-04-01 - 2018-03-31 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/00051772
タイトル・著者・出版者が同じ資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

三枝, 理博, Mieda, Michihiro

安藤, 仁, Ando, Hitoshi

金沢大学医薬保健研究域医学系 / 自治医科大学

安藤, 仁, Ando, Hitoshi

金沢大学十全医学会, The Juzen Medical Society Kanazawa University

程, 肇, Tei, Hajime

金沢大学理工研究域生命理工学系

程, 肇, Tei, Hajime

金沢大学理工研究域生命理工学系

三枝, 理博, Mieda, Michihiro

程, 肇, Tei, Hajime

金沢大学理工研究域生命理工学系