Blank Cover Image

メタボローム法を基盤とした概日計中枢由来細胞の位相シフトと細胞間同調機構の解析

フォーマット:
論文
責任表示:
程, 肇 ; Tei, Hajime
言語:
日本語
出版情報:
金沢大学理工研究域生命理工学系, 2012-04-01
著者名:
掲載情報:
平成23(2011)年度 科学研究費補助金 基盤研究(B) 研究成果報告書 = 2011 Fiscal Year Final Research Report
巻:
2008-2011
開始ページ:
4p.
バージョン:
author
概要:
本研究では概日リズム位相シフト及び細胞間同調機構に着目する。そこで、細胞の位相シフトに及び細胞間同調機構を司る分子を明らかにするために、主にメタボローム解析にプロテオーム解析を組み合わせた包括的データベースを構築した。その結果、細胞の位相シフトには、細胞のエネルギー状態、脂質代謝系、アミノ酸生合成系に含まれる分子が、さらに、細胞間同調には薬物代謝系酵素群による代謝物中間体、核酸生合成代謝物が関与している可能性を明らかにした。<br />This study is focused on the phase shift and inter-cellular entrainment of the cellular circadian rhythms. To clarify the molecule(s) these phenomena, I have constructed a database assembling the results of metabolomic and proteomic analyses. Metabolites involved in the determination of cellular energy states, lipid metabolism, and amino acid biosynthesis worked for the cellular phase shift ; and those involved in xenobiotics and nucleic acid metabolism functioned for cellular entrainment. 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/00051937
タイトル・著者・出版者が同じ資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

程, 肇, Tei, Hajime

金沢大学理工研究域生命理工学系

三枝, 理博, Mieda, Michihiro

三枝, 理博, Mieda, Michihiro