Blank Cover Image

事態把握の認知枠が第二言語習得に与える影響: 英語・日本語・韓国語の対照研究

フォーマット:
論文
責任表示:
守屋, 哲治 ; Moriya, Tetsuharu
言語:
日本語
出版情報:
金沢大学人間社会研究域学校教育系, 2013-05-20
著者名:
掲載情報:
平成24(2012)年度 科学研究費補助金 基盤研究(C) 研究成果報告書 = 2012 Fiscal Year Final Research Report
巻:
2010-2012
開始ページ:
4p.
バージョン:
author
概要:
日本語と英語,中国語,韓国語との間には,移動事象に関する認知枠の違いのみならず, テンス・アスペクト, モダリティ, ポライトネスなどの点でも事象をどのような観点から捉えるかという点に関する違いが見られることが明らかになった。さらに, そのような違いが第二言語習得に影響を及ぼしていると考えられるケースがあること, そしてそのような認知枠の違いを明示化することで第二言語学習を容易にする可能性があることを指摘した。<br />It has become clear t hat between Japanese, English, Chinese, and Korean, differences in cognitive frame exist not only in how we grasp motion events but also in other cognitive areas like tense-aspect, modality, and politeness. Furthermore, we have pointed out that these differences sometimes have influence on second language acquisition. We suggested that making these cognitive frames explicit can facilitate second language learning.<br />研究課題/領域番号:22520556, 研究期間(年度):2010-2012 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/00052847
タイトル・著者・出版者が同じ資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

翟, 东娜

金沢大学人間社会環境研究科

守屋, 哲治, Moriya, Tetsuharu

金沢大学人間社会研究域学校教育系

守屋, 哲治, Moriya, Tetsuharu

金沢大学人間社会研究域学校教育系

根本, 浩行, Nemoto, Hiroyuki

守屋, 哲治

金沢大学人間社会学域学校教育学類 = The School of Teacher Education, College of Human and Social Sciences, Kanazawa University

堀田, 優子, Horita, Yuko

金沢大学人間社会研究域歴史言語文化学系

山本, 卓, 守屋, 哲治, 久保, 拓也, Yamamoto, Taku, Moriya, Tetsuharu, Kubo, Takuya

金沢大学人間社会研究域学校教育系, The Faculty of Education, Institute of Human and Social Sciences, Kanazawa University

白畑, 知彦(1957-)

くろしお出版