Blank Cover Image

ファイバーフォトメトリーを用いた、視交叉上核の細胞種特異的カルシウムイメージング

フォーマット:
論文
責任表示:
津野, 祐輔 ; Tsuno, Yusuke
言語:
日本語
出版情報:
2020-05-01
著者名:
掲載情報:
令和1(2019)年度 科学研究費補助金 研究活動スタート支援 研究成果報告書 = 2019 Fiscal Year Final Research Report
巻:
2018-08-24 – 2020-03-31
開始ページ:
4p.
バージョン:
author
概要:
金沢大学医薬保健研究域医学系<br />視交叉上核AVPニューロン群で特異的にGABAが放出できない、サーカディアンリズム障害マウスにおいて、AVPニューロンのカルシウムリズムと、動物行動リズムとの関係性が崩れることを、ファイバーフォトメトリー法を用いて見出した(Maejima, Tsuno et al., submitted)。自由行動下マウスの視交叉上核AVPニューロンの長時間記録を行い、通常ではカルシウムリズムのピークが動物行動の終了時点に対応するが、ノック アウトマウスでその関係性が崩れていることを見出した。<br />Using fiber photometry, we found that the relationship between calcium rhythms of AVP neurons and animal behavioral rhythms was disrupted in circadian rhythm-deficient mice in which suprachiasmatic nucleus AVP neurons could not release GABA specifically. (Maejima, Tsuno et al., Submitted). Long-term recordings of suprachiasmatic nucleus AVP neurons in freely moving mice showed that the peak of calcium rhythm usually corresponds to the end of animal behavior, but that the relationship was broken in knockout mice.<br />研究課題/領域番号:19K21241, 研究期間(年度):2018-08-24 – 2020-03-31<br />出典:「ファイバーフォトメトリーを用いた、視交叉上核の細胞種特異的カルシウムイメージング」研究成果報告書 課題番号19K21241(KAKEN:科学研究費助成事業データベース(国立情報学研究所))(https://kaken.nii.ac.jp/ja/report/KAKENHI-PROJECT-19K21241/19K21241seika/)を加工して作成 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/00058939
タイトル・著者・出版者が同じ資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

三枝, 理博, Mieda, Michihiro

金沢大学医薬保健研究域医学系

程, 肇, Tei, Hajime

金沢大学理工研究域生命理工学系

程, 肇, Tei, Hajime

金沢大学理工研究域生命理工学系