Blank Cover Image

臨床病期B前立腺癌に対する内分泌療法と前立腺全摘除術の比較検討

フォーマット:
論文
責任表示:
江川, 雅之 ; 並木, 幹夫 ; 横山, 修 ; 鈴木, 孝治 ; 布施, 秀樹 ; 三崎, 俊光
言語:
日本語
出版情報:
医学図書出版, 2004-08-01
著者名:
江川, 雅之
並木, 幹夫
横山, 修
鈴木, 孝治
布施, 秀樹
三崎, 俊光
続きを見る
掲載情報:
泌尿器外科 = Japanese journal of urological surgery
ISSN:
0914-6180  CiNii Articles  Webcat Plus  JAIRO
巻:
17
通号:
8
開始ページ:
943
終了ページ:
946
バージョン:
publisher
概要:
1987年から1996年に, 北陸地区で治療された457例の臨床病期B前立腺癌について調査し, 特に内分泌療法(248例)と前立腺全摘除術(199例)を比較した. この2群間では, 全生存率, 疾患特異的生存率ともに差はなく手術の優位性は示されなかった. 組織型別では, 内分泌療法が施行された高分化癌(56例)で癌死症例は認められなかったが, 低分化癌(49例)の予後は不良であり全摘群との間に有意な差が認められた. 臨床病期B前立腺癌に対する標準治療法として, 米国ではNCI -PDQが, ヨーロッパではEAU Guidelinesなどに代表される, エビデンスに基づくガイドラインが示されている. NCI-PDQでは, リンパ節郭清を伴う前立腺全摘除術や外照射療法に加え, careful observationなどが推奨されている. 内分泌療法は, neoadjuvant hormone therapy(NHT)がclinical trialとして施行可能である. 一方ヨーロッパでは, 期待余命10年以下の高および中分化癌でwatchful waiting, 低分化癌で放射線療法が推奨されている. 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/40203
タイトル・著者・出版者が同じ資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

上野, 悟, 江川, 雅之, 北川, 育秀, 溝上, 敦, 越田, 潔, 並木, 幹夫

医学図書出版

溝上, 敦, Mizokami, Atsushi

金沢大学医学部附属病院

北川, 育秀, 並木, 幹夫

医学図書出版

溝上, 敦, Mizokami, Atsushi

金沢大学医学部附属病院

三輪, 聰太郎, 溝上, 敦, 並木, 幹夫

医学図書出版

北川, 育秀, 越田, 潔, 溝上, 敦, 江川, 雅之, 小松, 和人, 中島, 慎一, 三崎, 俊光, 勝見, 哲郎, 並木, 幹夫

医学図書出版

川口, 昌平, 八重樫, 洋, 島, 崇, 重原, 一慶, 栗林, 正人, 泉, 浩二, 成本, 一隆, 三輪, …

医学図書出版

溝上, 敦

医学図書出版

越田, 潔, Koshida, Kiyoshi

金沢大学医学系研究科