Blank Cover Image

日本海東縁部より石川県能登半島に襲来した既往津波の伝播特性に関する基礎的研究

フォーマット:
論文
責任表示:
由比, 政年 ; 阿部, 成紀
言語:
日本語
出版情報:
土木学会 = Japan Society of Civil Engineers, 2013-01-01
著者名:
掲載情報:
土木学会論文集B3(海洋開発)= Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B3 (Ocean Engineering)
ISSN:
2185-4688  CiNii Articles  Webcat Plus  JAIRO
巻:
69
通号:
2
開始ページ:
I_491
終了ページ:
I_496
バージョン:
publisher
概要:
日本海沿岸においてもこれまでに多くの津波災害が報告されている.本研究では,過去に日本海東縁部で発生し,能登半島に襲来した3つの歴史津波(1833年山形沖,1741年渡島大島, 1964年新潟沖,1983年日本海中部)を対象に非線形長波モデルに基づく数値解析を行ってその伝播特性を検討した.数値計算結果は痕跡高記録およびNOWPHAS波浪観測波形と良好に一致し,その有効性が確認された.4つの津波はいずれも能登半島北方に広がる浅瀬領域で屈折しエネルギー集中による波高増幅を伴って半島 北岸に襲来する特性を示した.山形および新潟沖を波源とする場合は, 半島北岸中央部で最大波高を取る波高分布となり,より北方に波源が位置する場合には,半島北岸で多峰的な波高分布を示す結果となった. Historically, tsunami disasters have been repeated on the Japan Sea coast. Among them, this study focuses on tsunamis that have caused various damages to the Noto Peninsula, Ishikawa, Japan. The propagation of four representative historical tsunamis that originated in the eastern margin of the Japan Sea were simulated on the basis of the Nonlinear Shallow Water Equations. The applicability of the numerical model was verified through comparison with historical records and NOWPHAS observation. Good agreements were obtained. The numerical results for the tsunamis show the occurrence of strong refraction off the Noto Peninsula, which caused significant concentration of tsunami energy.<br />出版者照会後に全文を公開 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/40506
タイトル・著者・出版者が同じ資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

由比, 政年, 楳田, 真也

金沢大学環日本海域環境研究センター = Kanazawa University Institute of Nature and Environmental Technology

堀内, 美緒, 中村, 浩二

金沢大学環日本海域環境研究センター = Kanazawa University Institute of Nature and Environmental Technology

鈴木, 三男, 平屋, 千春

金沢大学教養部 / 金沢大学 Kanazawa University

由比, 政年

土木学会 = Japan Society of Civil Engineers

由比, 政年

土木学会 = Proceedings of Coastal Engineering, JSCE / Japan Society of Civil Engineers

由比, 政年

木村, 一也, 中村, 浩二

金沢大学環日本海域環境研究センター = Institute of Nature and Environmental Technology Kanazawa University

由比, 政年, Yuhi, Masatoshi

金沢大学