Blank Cover Image

食餌同期性概日リズムを刻む視床下部背内側核ニューロンの機能解析

フォーマット:
論文
責任表示:
三枝, 理博
言語:
日本語
出版情報:
金沢大学医学系, 2012-05-15
著者名:
三枝, 理博  
掲載情報:
平成23(2011)年度 科学研究費補助金 基盤研究(B) 研究成果報告書 = 2011 Fiscal Year Final Research Report
巻:
2008-2011
開始ページ:
4p.
バージョン:
author
概要:
毎日固定した一定時間帯でのみ餌が得られる環境下では、動物は給餌前数時間にわたり食物探索行動を示し、給餌時間内に十分量摂食するように順応する。この食餌同期性概日行動リズムは、哺乳類の概日リズム制御中枢・視交叉上核(SCN)とは別の生物時計(食餌同期性クロック)によって制御されるが、その詳しいメカニズムは分かっていなかった。本研究で、食餌同期性クロックが機能するためには、脳内の視交叉上核以外の場所における時計遺伝子Bmal1の働きが必要であることが明らかになった。<br / >When food availability is temporally restricted to a fixed time of the day(restricted feeding), animals adapt to this condition within a few days by feeding during the period of food availability and increasing food-seeking activity in the preceding hours. These changes in biological rhythms have been postulated to be brought about by a food-entrainable oscillator(FEO) that is independent of the mammalian master clock in the suprachiasmatic nucleus(SCN), although little is known of the physical and molecular substrates of the FEO. In this study, we demonstrated that an SCN-independent FEO in the nervous system requires a clock gene, Bmal1, and plays a critical role in adaptation of circadian locomotor activity and food intake to restricted feeding.<br />研究課題/領域番号:20390056, 研究期間(年度):2008–2011 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/47041
タイトル・著者・出版者が同じ資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

三枝, 理博, Mieda, Michihiro

金沢大学医学系

三枝, 理博

金沢大学十全医学会 = The Juzen Medical Society Kanazawa University

清水, 宣明, Shimizu, Nobuaki

金沢大学工学部

清水, 宣明, Shimizu, Nobuaki

金沢大学工学部 / 九州大学

三枝, 理博, Mieda, Michihiro

金沢大学医薬保健研究域医学系

程, 肇, Tei, Hajime

金沢大学理工研究域生命理工学系

三枝, 理博, Mieda, Michihiro

三枝, 理博, Mieda, Michihiro