Blank Cover Image

求心性運動及び遠心性運動が筋組織に及ぼす影響 筋収縮特性と筋形質膜透過性の変化による検討

フォーマット:
論文
責任表示:
菊地, 尚久
言語:
日本語
出版情報:
金沢大学十全医学会, 1996-08-01
著者名:
菊地, 尚久  
掲載情報:
金沢大学十全医学会雑誌
ISSN:
0022-7226  CiNii Research  Webcat Plus  JAIRO
巻:
105
通号:
4
開始ページ:
518
終了ページ:
529
バージョン:
publisher
概要:
金沢大学 医 整形外科<br />トレッドミル上の上り坂と下り坂を走らせることで求心性運動と遠心性運動を行い,生化学的側面,収縮力学的側面,筋形質膜透過性の変化を評価した. 1)上り坂群では運動終了直後のみに軽度のCK値の上昇を認め,下り坂群では運動終了直後に高度のCK値の上昇を認めて運動終了3日後まで高値が持続した. 2)ヒラメ筋の収縮特性に関しては,張力については単収縮力,強縮力,単収縮時間とも上り坂群,下り坂群で運動終了直後に低下し,筋線維の微細損傷による影 響と考えた. 3)FDXによる筋細胞内染色では,下り坂群において運動終了直後に大腿四頭筋,ヒラメ筋とも淡い筋細胞内染色が認められ,筋形質膜は運動終了後早期から損傷を受けていることが示された.運動終了3日後には,下り坂群で大腿四頭筋,ヒラメ筋ともオパーク細胞と壊死細胞で明瞭な細胞内染色が認められ,筋形質膜が大規模な破壊を受けていることが示された 続きを見る
URL:
http://hdl.handle.net/2297/9228
タイトル・著者・出版者が同じ資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

今井, 俊輔, 山田, 外史, 柿川, 真紀子, Imai, Shunsuke, Yamada, Sotoshi, Kakikawa, Makiko

The Institute of Electrical Engineers of Japan = 電気学会

中村, 立一, Nakamura, Ryuichi

金沢大学

土屋, 友房

廣川書店

川尻, 文雄, 川筋, 道雄, 榊原, 直樹, 岩, 喬, Kawashiri, Fumio, Kawasuji, Michio, Sakakibara, Naoki, Iwa, Takashi

日本心臓血管外科学会 = The Japanese Society for Cardiovascular Surgery

北村, 敬一郎, Kitamura, Kei-ichiro

金沢大学医薬保健研究域保健学系

向井, 加奈恵, 浅野, きみ, 中島, 由加里, 高田, 佳奈, 原, 由里子, 浦井, 珠恵, 松尾, 淳子, 中谷, 壽男

コ・メディカル形態機能学研究会