1.

図書

図書
佐藤博, 鈴木芳樹, 北村博司編集 ; 厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患等克服研究事業(難治性疾患等実用化研究事業(腎疾患実用化研究事業)))糖尿病性腎症ならびに腎硬化症の診療水準向上と重症化防止にむけた調査・研究研究班編
出版情報: 東京 : 東京医学社, 2015.5
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
野村文夫, 村上正巳, 和田隆志, 末岡榮三朗編集
出版情報: 東京 : 中外医学社, 2015.4
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
横山仁, 和田隆志編
出版情報: 大阪 : 医薬ジャーナル社, 2012.5
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
研究代表者:和田隆志
出版情報: [金沢] : [和田隆志], 2006.5
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
研究代表者 和田隆志
出版情報: [金沢] : [和田隆志], 2004.5
シリーズ名: 科学研究費補助金基盤研究(C)(2)研究成果報告書 ; 平成14年度ー平成15年度
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
研究代表者 和田隆志
出版情報: [金沢] : [和田隆志], 2008.5
シリーズ名: 科学研究費補助金(基盤研究C)研究成果報告書 ; 平成18年度-平成19年度
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
和田隆志, 古市賢吾編集
出版情報: 東京 : 南江堂, 2012.10
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
奈良信雄, 和田隆志編集 ; 荒木昭博 [ほか] 執筆
出版情報: 東京 : 医学書院, 2019.1
シリーズ名: 系統看護学講座 ; 別巻||ベッカン
所蔵情報: loading…
9.

論文

論文
Wada, Takashi ; Yokoyama, Hitoshi ; Matsushima, Koji ; Kobayashi, Kenichi ; 和田, 隆志
出版情報: International Immunopharmacology.  1  pp.637-645,  2001-04-01.  Elsevier
URL: http://hdl.handle.net/2297/1765
概要: The interaction of activated leukocytes and renal resident cells is thought to play a crucial role in the pathogenesis of renal diseases. Recent investigations of the pathophysiological roles of chemokines and their cognate receptors have shed light on the detailed molecular mechanisms of leukocyte trafficking and activation in the diseased kidneys. Chemokine/chemokine receptor systems may be essentially involved in the pathogenesis of phase-specific renal disorders and the measurement of urinary levels of chemokines may be clinically useful for monitoring the different disease phases and activities. In addition, chemokine receptors expressed in renal resident cells may be involved in proliferation, fibrogenesis, as well as chemotaxis. The selective intervention of chemokine/chemokine receptor systems (anti-chemokine therapy) may have the potential as the particular therapeutic strategies for renal diseases in future 続きを見る
10.

論文

論文
岩田, 恭宜 ; 古市, 賢吾 ; 和田, 隆志
出版情報: 日本臨床免疫学会会誌 = Japanese journal of clinical immunology.  36  pp.2-10,  2013-02-01.  日本臨床免疫学会 = Japanese Society for Clinical Immunology
URL: http://hdl.handle.net/2297/35113
概要: 慢性腎臓病から末期腎不全に至り,維持透析を必要としている患者は依然として減少しない.慢性腎臓病の進展機序を考えるとき,慢性炎症から線維化へ至る過程において,炎症促進系因子,免疫抑制系因子が複雑に関与しながら病態を形成しているものと考えられる .それらの因子の中で,骨髄由来細胞に着目すると,これまでの多くの報告が,炎症性マクロファージ(Mφ)をはじめとする炎症促進系細胞に関するものであった.近年,Mφの分画に,炎症促進系(M1)のほかに,免疫抑制系(M2)の分画が存在することが明らかとなり,種々の臓器において炎症の抑制,組織の修復に関与していることが報告されている.また新たな細胞分画であるMyeloid derived suppressor cell(MDSC)も同定され,その免疫抑制能に関しても検討がなされている.本稿では,これら免疫抑制性細胞の進行性腎障害における意義について,概説する. Immunosuppressive cells have been reported to contribute to the inflammatory diseases in various organs. Interferon (IFN)-γ stimulations skew macrophages (Mφ) toward classically activated (M1) phenotype and interleukin (IL)-4, IL-13, IL-10 skew toward alternatively activated (M2) phenotypes. M2 polarized Mφhas immune regulatory function via various mechanisms, such as cytokine/chemokine expression, high activity of scavenging and interaction with other type of cells. Recently, another type of immunosuppressive myeloid cells, myeloid derived suppressor cells (MDSC), have been explored not only in tumor immunology, but also in inflammatory diseases. Orchestration of inflammation by these immunosuppressive cells with inflammatory cells has impact on progressive kidney diseases as well as inflammatory diseases. 続きを見る