1.

その他

その他
杉本, 直樹 ; Sugimoto, Naoki
出版情報: 博士学位論文要旨 論文内容の要旨および論文審査結果の要旨/金沢大学大学院自然科学研究科.  平成9年6月  pp.66-71,  1997-06-01.  金沢大学
URL: http://hdl.handle.net/2297/16075
概要: 取得学位:博士(薬学),学位授与番号:博甲第205号,学位授与年月日:平成9年3月25日,学位授与年:1997
2.

論文

論文
杉本, 直樹 ; 大坪, 弘実 ; 御影, 雅幸 ; 木内, 文之 ; 劉, 宏民 ; 津田, 喜典
出版情報: 生薬学雑誌 = The Japanese journal of pharmacognosy.  51  pp.316-324,  1997-08-20.  日本生薬学会 = The Japanese Society of Pharmacognosy
URL: http://hdl.handle.net/2297/36623
概要: 現在, 日本市場に流通しているショウブ根, セキショウ根は, ほとんどが中国および東南アジアからの輸入品で, 根茎部のみを10cm位に切って乾燥したものや, フレーク状のものであり, 一見して両者の区別はつき難い. 我々は, 前報1)におい て日本産のショウブAcorus calamusおよびセキショウA.gramineusについて, 根茎の内部形態と精油成分組成の両面から考察し, 比較組織学的には, 皮層中の繊維束の最大直径と細胞間隙を形成する最大柔細胞数の比を取ると両者が明瞭に区別できることを明らかとした. また, 精油成分については, A.gramineusはすべてZ-asaroneを主成分とするが, A.calamusにはフェニルプロパノイドのZ-asaroneを主成分とするタイプAと, セスキテルペン類を主成分とするタイプBの二つのchemotypeがあり, 多くはこの二つの混合型(M)であるが, タイプAのものでも常にepishyobunone, shyobunone, preisocala-mendiolなどセスキテルペン類が検出される点でこれらを全く含まないセキショウと区別できることを示した1).Anatomical and chemical (essential oils) investigations of Acori rhizomes from various Asian markets showed that rhizomes commercially obtained from south-east Asia under the name "shyobu-kon" or corresponding names were of Acorus calamus of chemotype A, and that some samples in Chinese markets were A. calamus mixed with rhizomes of A. gramineus. Rhizomes called "shi chang pu"in Chongqing market (China) were those of A. calamus. A. gramineus samples in Chinese markets were classified into three chemotypes, A-1, A-2, and A-3, whose major essential oil constituents were asarone (Z and/or E), elemicine, and methylisoeugenol (Z and/or E), respectively. The histological characteristics of samples of chemotype A-3 were quite different from those of chemotypes A-1 and A-2, suggesting that A. gramineus of chemotype A-3 might he a variant or sub-species of A. gramineus. 続きを見る
3.

論文

論文
杉本, 直樹 ; 御影, 雅幸 ; 大坪, 弘実 ; 木内, 文之 ; 津田, 喜典
出版情報: 生薬学雑誌 = The Japanese journal of pharmacognosy.  51  pp.259-264,  1997-06-20.  日本生薬学会 = The Japanese Society of Pharmacognosy
URL: http://hdl.handle.net/2297/36622
概要: サトイモ科(Araceae)のAcorus属植物は, 古来世界各地で薬用に供されており, 中国医学では『神農本草経』1)の上品に「昌蒲」の名称で収載され, 鎮静, 鎮痛, 健胃薬などに用いるとされた. 後に本植物の原植物としてAcorus calamus LINN.(ショウブ)およびA. gramineus SOLAND(セキショウ)があてられ, 中薬大事典では前者に「白菖」, 「水菖蒲」, 後者に「石菖蒲」の名称を与えている2). 現在わが国の市場で「菖蒲根」と称するものはA. calamus, 「石菖根」と称するものはA. gramineusのそれぞれ根茎であるとされている. アユルヴェーダではA. calamusの根茎を, 咳, 偏頭痛, 精神障害, 鼻カタル, 痔疾, 消化不良, 便秘, 小児の下痢などに汎用している3). また, ヨーロッパではsweet flagの名称で胃腸薬とされ, 胸焼け, 消化不良, 粘膜カタルなどの治療に利用しており4), その精油はcalamus oilとして, 主にアルコール飲料の着香に用いている5). By anatomical and chemical investigations of Acori rhizomes collected in Japan, the followings were clarified. (1) Anatomically, Acorus gramineus and A. calamus were clearly distinguished from each other by plotting the maximum number of parenchyma cells around an intercellular space against the maximum diameter of fiber bundles. (2) Gas chromatograms of essential oils of A. gramineus always showed peaks of phenylpropanoids mainly consisting of Z-asarone, but did not show any peak of sesquiterpenoids. (3) In the case of essential oils of A. calamus, two chemotypes, type A (consisting mainly of Z-asarone) and type B (consisting mainly of a mixture of sesquiterpenoids), were observed, with some being their intermediates, but they all contained peaks of sesquiterpenoids. Thus, A. calamus and A. gramineus were distinguishable by the presence or absence of sesquiterpenoids in their essential oils. 続きを見る