1.

論文

論文
由比, 政年
出版情報: 土木学会論文集. B2, 海岸工学 = Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering).  69  pp.641-645,  2013-01-01.  土木学会 = Japan Society of Civil Engineers
URL: http://hdl.handle.net/2297/40511
概要: This study analyzes a bathymetric dataset sampled annually for 51 years along the Ishikawa Coast, Japan, where the morphological variation is characterized by the cyclic cross-shore migration of bars with approximately 10-year return period. Five cycles have been identified from 1960 to 2010. The variability of spatial pattern during individual cycle is analyzed to quantify the characteristics of three-dimensional morphological evolutions. Considerable changes in plan shape were observed such as quasi-regular crescentic patterns, parallel alignment of oblique bars, disconnection and realignment of bars. This is in contrast to the quasi two-dimensional progress of net offshore migration (NOM) of sandbars reported in the Netherlands, New Zealand, Denmark, and Japan. 続きを見る
2.

論文

論文
近田, 康夫 ; 前川, 幸次 ; 由比, 政年 ; 宮島, 昌克 ; 池本, 良子
出版情報: 工学・工業教育研究講演会講演論文集.  pp.353-356,  2001-07-18.  日本工学教育協会 = Japanese Society for Engineering Education
URL: http://hdl.handle.net/2297/32556
3.

論文

論文
由比, 政年 ; 前野, 賀彦 ; 斎藤, 武久
出版情報: 工学・工業教育研究講演会講演論文集.  平成18年度  pp.532-533,  2006-07-28.  日本工学教育協会 = Japanese Society for Engineering Education
URL: http://hdl.handle.net/2297/32524
4.

論文

論文
廣部, 英一 ; 石田, 啓 ; 矢富, 盟祥 ; 由比, 政年
出版情報: 海岸工学論文集 = Proceedings of Coastal Engineering, JSCE.  43  pp.1026-1030,  1996-01-01.  土木学会 = Japan Society of Civil Engineers
URL: http://hdl.handle.net/2297/36696
5.

論文

論文
矢富, 盟祥 ; 由比, 政年 ; 石田, 啓 ; 廣部, 英一
出版情報: 海岸工学論文集 = Proceedings of Coastal Engineering, JSCE.  42  pp.1011-1015,  1995-01-01.  土木学会 = Japan Society of Civil Engineers
URL: http://hdl.handle.net/2297/36699
6.

論文

論文
楳田, 真也 ; 由比, 政年 ; 石田, 啓
出版情報: 海岸工学論文集 = Proceedings of Coastal Engineering, JSCE.  53  pp.756-760,  2006-01-01.  土木学会 = Proceedings of Coastal Engineering, JSCE / Japan Society of Civil Engineers
URL: http://hdl.handle.net/2297/35679
概要: 円柱壁面や移動床付近における境界層の剥離や再付着を伴う複雑な渦流れを正確に解析する上で有効な移動一般曲線座標系に変換したNavier-Stokes方程式に基づく3次元流体解析モデルに, 掃流砂の輸送量式と底質の体積保存式からなる底面地形解析 モデルおよび底質粒子の安定条件を考慮した斜面滑動モデルを組み込んで, 流体と移動床の連成解析モデルを開発した. 砂質地盤上に設置された直立円柱周辺の一様流場を対象に, 流況と局所洗掘の発達過程を解析し, 適用性を検討した. 計算結果は実験で観測された洗掘過程および流況変化の主要な特性を再現した. また, 渦流れの構造や底面せん断応力の増幅特性に関する知見が得られた. 続きを見る
7.

論文

論文
由比, 政年 ; 石田, 啓 ; 山田, 文彦
出版情報: 海岸工学論文集 = Proceedings of Coastal Engineering, JSCE.  52  pp.616-620,  2005-01-01.  土木学会 = Proceedings of Coastal Engineering, JSCE / Japan Society of Civil Engineers
URL: http://hdl.handle.net/2297/35685
概要: 手取川・石川海岸の広域流砂系に対して, 過去に与えられた人為的なインパクトが, 沿岸地形変化に与えてきた影響は複雑である. 本研究では, こうした広域土砂移動特性を解明するための検討の一環として, 手取川河口部における海底地形の長期変動特性 を, 40年以上に渡る長期測量データに基づいて解析して, 砂利採取やダム建設に代表される河川土砂管理との関連を検討した. まず, 河口部における長期的, 中期的, 短期的地形変動の特性を抽出し, それぞれに対して, 河川土砂供給変化の影響を検討した. 次に, 海岸の長期的侵食傾向に主に着目し, ダム建設や砂利採取が直接的, 間接的に及ぼしてきた影響について考察した. 続きを見る
8.

論文

論文
由比, 政年 ; 山田, 文彦 ; 楳田, 真也 ; 石田, 啓
出版情報: 海岸工学論文集 = Proceedings of Coastal Engineering, JSCE.  53  pp.566-570,  2006-01-01.  土木学会 = Proceedings of Coastal Engineering, JSCE / Japan Society of Civil Engineers
URL: http://hdl.handle.net/2297/35684
概要: 石川海岸周辺の広域流砂系に関する研究の一環として, 松任地区における沿岸砂州の長期変動特性を解析した. 対象領域全域において, 砂州は多段であり, 沖側砂州は, 最大で6m程度の比高を有している. これらの砂州は, 10年前後の周期で変動し ており, 観測期間中に約4周期の変動が確認された. 沖側砂州の移動範囲は, 1980年代に一時的に縮小し, この要因の1つとして, 離岸堤の建設など, 人為的な影響が示唆された. 岸側および沖側砂州の頂部位置の変動は逆位相に近く, 両者間距離にも周期的な増減が見られた.また, 砂州頂部の沖向き移動速度は, 沖側砂州と岸側砂州で異なり, 岸側砂州の移動速度は沖側砂州の1/3程度であった. 続きを見る
9.

論文

論文
由比, 政年 ; 阿部, 成紀
出版情報: 土木学会論文集B3(海洋開発)= Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B3 (Ocean Engineering).  69  pp.I_491-I_496,  2013-01-01.  土木学会 = Japan Society of Civil Engineers
URL: http://hdl.handle.net/2297/40506
概要: 日本海沿岸においてもこれまでに多くの津波災害が報告されている.本研究では,過去に日本海東縁部で発生し,能登半島に襲来した3つの歴史津波(1833年山形沖,1741年渡島大島, 1964年新潟沖,1983年日本海中部)を対象に非線形長波モデル に基づく数値解析を行ってその伝播特性を検討した.数値計算結果は痕跡高記録およびNOWPHAS波浪観測波形と良好に一致し,その有効性が確認された.4つの津波はいずれも能登半島北方に広がる浅瀬領域で屈折しエネルギー集中による波高増幅を伴って半島北岸に襲来する特性を示した.山形および新潟沖を波源とする場合は, 半島北岸中央部で最大波高を取る波高分布となり,より北方に波源が位置する場合には,半島北岸で多峰的な波高分布を示す結果となった. Historically, tsunami disasters have been repeated on the Japan Sea coast. Among them, this study focuses on tsunamis that have caused various damages to the Noto Peninsula, Ishikawa, Japan. The propagation of four representative historical tsunamis that originated in the eastern margin of the Japan Sea were simulated on the basis of the Nonlinear Shallow Water Equations. The applicability of the numerical model was verified through comparison with historical records and NOWPHAS observation. Good agreements were obtained. The numerical results for the tsunamis show the occurrence of strong refraction off the Noto Peninsula, which caused significant concentration of tsunami energy.<br />出版者照会後に全文を公開 続きを見る
10.

論文

論文
由比, 政年 ; 松山, 正之
出版情報: 土木学会論文集. B2, 海岸工学 = Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering).  69  pp.656-660,  2013-01-01.  土木学会 = Japan Society of Civil Engineers
URL: http://hdl.handle.net/2297/40517
概要: The characteristics of spatiotemporal variation of the multiple bar system on the Chirihama and neighboring beach, Japan, have been investigated using a set of field surveys collected over 13 years and aerial photographs during 1947 to 2010. In the north and middle of the study area temporal variation of sandbar configuration is characterized by the presence of cyclic cross-shore migration with approximately 4 to 6 years return period. The direction of systematic inter-annual migration is net offshore. The migration features indicate substantial alongshore variability. On the north part the behavior of bar system is quasi two-dimensional. On the middle to south area several three-dimensional configuration and deformation such as bar switching and bifurcation are observed. 続きを見る