1.

論文

論文
和田, 隆志
出版情報: 日本内科学会雑誌 = The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine.  102  pp.1152-1158,  2014-01-01.  日本内科学会 = The Japanese Society of Internal Medicine
URL: http://hdl.handle.net/2297/39860
概要: 糖尿病性腎症は新規透析導入例の最大の原疾患であり,その腎,心血管病変ならびに生命予後の改善は医学的,社会的に喫緊の課題である.早期腎症は微量アルブミン尿が出現した時点で臨床的に診断されることから,尿アルブミン値測定が重要である.血糖・血圧・ 脂質コントロールなどの多角的強化療法を通じて,糖尿病性腎症の寛解も報告されるようになってきた.高齢化社会を背景にした病態のさらなる解明,治療法の確立とともにいっそうの予後の改善が期待される. 続きを見る
2.

論文

論文
和田, 隆志 ; Wada, Takashi
出版情報: 平成26(2014)年度 科学研究費補助金 基盤研究(B) 研究成果報告書 = 2014 Fiscal Year Final Research Report.  2012-04-01 - 2015-03-31  pp.6p.-,  2015-05-20. 
URL: http://hdl.handle.net/2297/00050734
概要: 金沢大学医薬保健研究域医学系<br />アジアの糖尿病性腎症の予後調査、予後関連因子解析、国際比較を目的とした。本邦の糖尿病性腎症の予後関連因子、予後判定のためのスコアリングを確立した(Wada, et al. Clin Exp Nephrol 2014)。これを用いて、アジアコホート間で比較調査を行った。日本腎臓学会、Asian Forum of CKD Initiativeと連携し、糖尿病性腎症のアジア共同研究体制を構築した。台湾2大学のコホートで予後評価を行った。予後関連因子としてのアルブミン尿の重要性、本邦の予後推定スコアリングの有効性を示した。アジアの他コホートを用いた国際調査も進行している。<br />This study was aimed to compare outcomes and their related risk factors in patients with diabetic nephropathy among Asian countries based on our Japanese database in patients with diabetic nephropathy. Our study strongly showed that the presence of macroalbuminuria increased the adjusted hazard ratios for kidney event (Wada, et al. Clin Exp Nephrol 2014). Diabetic nephropathy score, based on the prognostic factors, well predicted incidence rates per 1000 patient/year for kidney event, cardiovascular events and death. Then, we have established international collaborative research team on diabetic nephropathy among Asian countries. The results of advanced diabetic patients from Taiwanese diabetic cohorts confirmed that albuminuria was of importance for kidney prognosis. In addition, these showed that related prognostic risk factors from our Japanese database were closely relevant to those of Asian diabetic nephropathy patients.<br />研究課題/領域番号:24406028, 研究期間(年度):2012-04-01 - 2015-03-31 続きを見る