1.

図書

図書
松田重三著
出版情報: 東京 : 新興医学出版社, 2001.6
所蔵情報: loading…
2.

論文

論文
杉本, 陽子 ; 宿野, 智恵 ; 林, 美希 ; 岩本, 礼子 ; 松田, 康子 ; 東野, 裕子 ; 古田, ひろみ
出版情報: 看護研究発表論文集録.  第42回(2010年度)  pp.53-56,  2010-11-12.  金沢大学附属病院看護部
URL: http://hdl.handle.net/2297/32699
3.

論文

論文
山本, 宜孝 ; 富田, 重之 ; 永峯, 洋 ; 山口, 聖次郎 ; 東谷, 浩一 ; 飯野, 賢治 ; 渡邊, 剛
出版情報: 日本心臓血管外科学会雑誌 = Japanese journal of cardiovascular surgery.  37  pp.230-233,  2008-07-15.  日本心臓血管外科学会 = the Japanese Society for Cardiovascular Surgery
URL: http://hdl.handle.net/2297/28410
概要: 症例は66歳,女性.9年前抗リン脂質抗体症候群,特発性血小板減少性紫斑病を指摘され,以後血液内科で通院治療を継続していた.今回心不全症状が出現,精査の結果III/IV度の大動脈弁閉鎖不全症と診断された.血液内科医師と連携をとり十分な準備と計 画をたて心臓外科手術:大動脈弁置換術を施行した.術前には血漿交換とステロイドパルス療法を施行,また腎機能障害の増悪に対し透析をおこなった.術後は早期より抗凝固療法とステロイドの内服を行い,抗リン脂質抗体症候群の増悪を認めることが無く順調に経過した. A 66-year-old woman complained of dyspnea due to congestive heart failure, and was given a diagnosis of severe aortic insufficiency. Antiphospholipid syndrome and idiopathic thrombocytopenic purpura (ITP) had been diagnosed with 9 years previously. We planned preoperative plasma exchange and steroid pulse infusion to reduce the level of auto-antibodies for phospholipids. The aortic valve replacement was performed safely. Anticoagulant therapy with low molecular weight heparin and oral steroid therapy was administered after the operation to avoid thrombosis or bleeding. The patient's postoperative course was stable. She was discharged without any complication. In conclusion, preoperative plasma exchange and steroid pulse infusion, postoperative anticoagulant therapy and oral steroids resulted in a favorable outcome in a case of heart surgery for a patient with antiphospholipid syndrome. 続きを見る
4.

論文

論文
山崎, 雅英 ; Yamazaki, Masahide
出版情報: 平成20(2008)年度 科学研究費補助金 基盤研究(C) 研究成果報告書 = 2008 Fiscal Year Final Research Report.  2007 – 2008  pp.6p.-,  2009-05-08. 
URL: http://hdl.handle.net/2297/00059936
概要: 金沢大学医薬保健研究域医学系<br />抗リン脂質抗体症候群(APS)は抗リン脂質抗体の存在により, 反復性血栓症・不育症を来す自己免疫疾患であるがその根治療法は確立していない. 本研究において, 実験的APSモデルマウスを用い , B細胞を傷害することにより抗リン脂質抗体の発現抑制・臨床症状の発症を抑制可能であることが確認された. 以上の検討結果より, B細胞発現抑制療法により, APSの病態制御が可能である可能性が示唆された.<br />研究課題/領域番号:19591101, 研究期間(年度):2007 – 2008 続きを見る